BTSの所属事務所Big Hitエンターテインメント、コスピ上場へ


防弾少年団(BTS)の所属事務所Big Hitエンターテインメントが10月のコスピ上場を目指してIPOに突入した。

Big Hitエンターテインメント(議長パン・シヒョク)はコスピ上場のための有価証券申告書を2日、金融委員会に提出したと発表した。

Big Hitエンターテインメントは今回の上場のために7,130,000株を公募する。公募予定価は105,000ウォン〜135,000ウォン、公募予定金額は7,487億ウォン〜9,626億ウォンだ。

来る24〜25日の両日、国内外の機関投資家を対象に需要予測を行い、来月5〜6日の申込みを経て、10月中にコスピに新規上場申請を完了する予定だ。代表主管会社はNH投資証券と韓国投資証券、JPモルガン証券会社であり、共同主管会社は未来アセット大宇が引き受けた。

Big Hitエンターテインメントはパン・シヒョク議長が2005年に設立したエンターテイメントコンテンツ企業で、「音楽とアーティストを介して人々に慰めと感動を与える(Music&Artist for Healing)」というミッションのもと音楽業界の新たなビジネスモデルを提示している。グローバルトレンドを導く強力なコンテンツとオンラインプラットフォームを介して全世界のファンダムを接続するBig Hitエンターテインメントだけの成功の秘訣により、国内はもちろん全世界の音楽産業の技術革新をリードしている。

代表アーティストとしては21世紀のビートルズと呼ばれる防弾少年団とグローバルスーパールーキーのTOMORROW X TOGETHERなどがいる。ここに過去1年間、SOURCEミュージック、Pledisエンターテイメントを買収してGFRIEND、SEVENTEEN、NUESTなどを引き入れて強力なアーティストのラインナップを構築した。

その結果、Big Hitエンターテイメントは今年上半期、新型コロナウイルス禍にもかかわらずK-IFRS連結基準売上額2,940億ウォン、営業利益498億ウォンを記録した。

所属アーティストのツアーが中断されるなど厳しい環境のなかでも昨年の上半期と争うほどの売上額と営業利益を記録し、強固な外形と収益性を示した。Big Hitエンターテインメントのこのような経営成果は▶強力なアーティストのラインナップ▶アーティスト間接参加型事業の拡大▶自社プラットフォームを中心としたBig Ht エコシステムの構築▶事業環境の変化に機敏に対応する専門経営能力と先制的インフラの確保戦略が牽引した。

Big Hitエンターテインメントは「コンテンツとファンという本質に集中し、ビジネスの多様化とプラットフォームの革新を成し遂げた」とし「特に、今年上半期活動したBig Hitレーベルズのアーティスト5チームがアルバム・音源の分野で圧倒的な成果を生み出すと同時に独自プラットフォームのWeverseを通じてレーベルとビジネス、ファンダムを集約する「Big Hit エコシステム」を実現して強力なIP(知的財産権)をベースに様々な派生コンテンツを生成(One Source Multi Use)する間接参加型の収益を介して持続可能な成長の可能性を確認した」と説明した。

今後、Big HitエンターテインメントはアーティストIPの拡張と異種産業との組み合わせにより、アーティストや音楽コンテンツを生活全般に提供する「グローバルトップレベルのエンターテイメントライフスタイルのプラットフォーム企業」を目標に成長を加速する計画だ。
  • 毎日経済 スタートゥデイ ソン・ジョンウン記者
  • 入力 2020-09-02 16:12:39