ムン・ジェイン大統領がIUの寄付についてSNSで言及 一部ファンが憂慮


ムン・ジェイン(文在寅)大統領が歌手のIUについて言及し話題を呼んだ。

ムン・ジェイン大統領は2日、Facebookに「専攻医など医師たちが去った医療現場を黙々と守っている看護師の方々を慰め、その献身と労苦に深く感謝と尊敬の気持ちを表する」とし「歌手IUが冷却ベストを寄付したという知らせを聞いた」と書いた。

IUは先月31日、愛の実(サランエヨルメ)社会福祉共同募金会を通じて、大韓看護協会に1億ウォン相当の冷却ベスト約4600着を寄託した。

IUギャラリーは、ムン・ジェイン大統領のSNSコメントに感謝の気持ちを伝えると同時に、政治的な解釈につながるのではないかと懸念を示している。

2日、公式声明文を出して「ムン・ジェイン大統領がIUを言及してくださって感謝の心を表示しようと公式声明文を発表する」(ムン・ジェイン大統領が)歌手IUの善行を称賛してくれた。IUの温かい心が現場で苦労している看護師の方々に大きな慰めになったと思う」と答えた。

続いて「ただIUは今年2月、大韓医師協会に医療陣のための1億ウォン相当の医療用防護服3000着を寄贈するなど、新型コロナウイルスの予防と拡散防止のため5回にわたって寄付を行い、低所得層や社会的弱者層の保護施設数カ所に防疫物品を分けて渡したことがある」とし「大統領が歌手IUの善行を高く買ってくださった点については恐縮だが、もしIUが看護師の方々にだけ寄付したと誤解している国民がいるようだ」と強調した。

IUは今年2月にも新型コロナウイルス拡散防止のため2億ウォンを寄付するなど、持続的な善行を続けている。
  • 毎日経済 スタートゥデイ チン・ヒャンヒ記者
  • 入力 2020-09-02 20:40:18