BTSジン、来年末まで入隊延期可能 事務所が判断


グループ防弾少年団(BTS)のメンバージン(本名キム・ソクジンン)の軍入隊について所属事務所が公式立場を出した。

Big Hietエンターテインメントは去る2日、コスピ上場のための証券申告書を金融委員会に提出した。

金融監督院の電子公示システムを通じて公開された証券申告書の詳細内容には防弾少年団のメンバーたちの軍入隊と関連した内容が含まれていた。このうち注目を集める部分は一番年上のジンの入隊時期。Big Hitエンターテイメントは証券申告書の核心投資リスク案内文を通じて「防弾少年団は1992年生まれから1997年生まれの現役兵入営対象メンバーで構成されている。このうち誕生年が最も早いメンバーであるキム・ソクジン(ジン)は2021年の末日まで兵役法による入営延期が可能と判断する」と明らかにした。

Big Hitエンターテイメントは「軍入隊、病気、事故などによるアーティスト活動中断のリスクに備えるため、MDおよびライセンス収益、映像コンテンツの売上など、アーティストの直接活動が伴わない間接参加型の売上比率を継続的に拡大している」と明らかにした。

Big Hitエンターテイメントはまた「主要アーティストの予定されたブランクによる売上の減少リスクを最小限に抑えるため、アルバム映像などのコンテンツ事前制作、活動可能メンバーを通じた弾力的なアーティスト運用など多方面の事業的検討を行っている」と付け加えた。

一方、防弾少年団は最近、新曲「Dynamaite」でビルボードのメインシングルチャート「ホット100」で1位になった。
  • 毎日経済 スタートゥデイ パク・セヨン記者
  • 入力 2020-09-03 10:05:35