チェ・ジニョク「ゾンビを演じるため生の鶏肉を食べた」


チェ・ジニョクがドラマの演技のために生の鶏肉を食べたことを明かした。

5日に放送されたKBS2TV『不朽の名曲』では新ドラマ『ゾンビ探偵』特集でチェ・ジニョク、パク・ジュヒョンなどが出演した。

俳優のチェ・ジニョクは「僕の役割は劇中のゾンビだ」とし「今この状態が、ドラマで撮影してきたと言っても信じられるほどだ」と言った。これに対し、キム・シニョンが「あまりにも役に酔っているのではないか」と聞いた。チェ・ジニョクは「かみつくかもしれない」と周りを笑わせた。

キム・ジュンヒョンはチェ・ジニョクに「生のコプチャン(豚のホルモン)、生の鶏肉も食べたと聞いた」と話した。

チェ・ジニョクは「人間になるために努力するゾンビだから生の鶏肉と生のコプチャンで雰囲気を盛り上げた」と答えた。 続いて彼は「あまりにも苦しくて大変だった」と明らかにした。

一方、KBS2の『不朽の名曲』は毎週土曜日の午後6時5分に放送される。
  • 毎日経済 スタートゥデイ ソン・セヒョン 客員記者
  • 入力 2020-09-05 18:25:26