BTS、新曲「Dynamite」MV再生回数が3億回を突破


グループBTSの「Dynamite」ミュージックビデオが再生回数3億回を突破した。

今月21日の午後1時(以下韓国時間)に公開されたBTSのデジタルシングル「Dynamite」のミュージックビデオ(YouTube)の再生回数が5日の午後4時50分ごろ、3億回を超えた。これに先立って、24時間で1億回、4日と12時間後に2億回を記録したのに続き15日と約4時間で3億回を突破した。

これでBTSは「DNA」、「Boy With Luv (Feat. Halsey)」、「FAKE LOVE」、「IDOL」、「MIC Drop」のリミックス、「FIRE」「Blood Sweat & Tears」「Dope」「Save ME」「Not Today」「Boy In Luv」「Spring Day」に続き、通算13番目の3億回を突破したミュージックビデオを保有することになり、韓国歌手の最多記録を更新した。

BTSは米ビルボード最新チャート(9月5日付)で「ホット100」チャート入りと同時に韓国歌手としては初めて1位になった。 メインアルバムチャートの「ビルボード200」と「ホット100」の両方を席巻した韓国歌手はBTSが唯一だ。

BTSは世界最大音楽配信サイトSportyFiのチャートでも韓国歌手としては初めて「グローバルトップ50」1位を獲得した。配信当日には全世界で計777万8,950回ストリーミングされ、今年の配信初日Spotifyグローバルストリーミング数で最多を記録した。

「Dynamite」のミュージックビデオは公開と同時に再生回数300万回を超え、過去最多のYoutubeプレミアミュージックビデオ視聴記録を達成したのに続き、24時間で再生回数1億100万回を記録し、Youtube史上「24時間最多再生回数」の新記録を公認された。

また、イギリスのギネスワールドレコードで「24時間で最も多く見たYouTubeビデオ」、「24時間で最も多く見たYouTubeミュージックビデオ」、「K-POPグループの中で24時間で最も多く見たYouTubeミュージックビデオ」の3部門に公式登録された。

「Dynamite」は明るく楽しいディスコポップジャンルの曲で、中毒性の強いメロディーとメンバーの軽快な振り付けが際立っている。 新型コロナウイルスで皆が大変な時期に活力を吹き込もうとするBTSの気持ちが込められたBTS万のヒーリングソングだ。

BTSは10日午後9時にNBC TODAY『Citi Music Series』に、17日午前9時にNBC『America's Got Talent』、19日午前10時に『iHeartRadio Music Festival』に次々と出演し「Dynamite」の舞台を披露する予定だ。
  • 毎日経済 スタートゥデイ キム・ソヨン記者
  • 入力 2020-09-06 10:30:56