入隊パク・ボゴム主演ドラマ「青春の記録」、今日スタート


tvNの新しい月火ドラマ『青春の記録』(脚本ハ・ミョンヒ、演出アン・ギルホ)が今日(7日)韓国で初放送される。

『青春の記録』は生まれ持った「スプーン(実家の収入や親の職業、家庭環境)」によって人生が変わり、夢見ることさえ贅沢になってしまったこの時代の青春、それぞれの方法で夢に向かって進む若者の熱い記録を介して愉快な笑いと共感を誘う予定だ。

『秘密の森』、『アルハンブラ宮殿の思い出』などを通じて緻密な演出力を披露したアン・ギルホ監督と『ドクターズ~恋する気持ち』、『愛の温度』など暖かく感性的なストーリーに現実的な視線を溶け込ませたハ・ミョンヒ作家が意気投合する。

特に『青春の記録』はパク・ボゴムが『ボーイフレンド』(2018)以来、約2年ぶりにドラマに復帰する作品で、先月31日に海軍儀仗隊文化広報団に入隊したパク・ボゴムの軍入隊前最後のドラマとして注目を集めた。パク・ボゴムは軍入隊前に『青春の記録』のすべての撮影を終えて入隊した。

パク・ボゴムは情熱を抱いた現実的な青年サ・ヘジュン役を演じる。モデルで俳優が夢のサ・ヘジュンは理想と現実を調和させることのできる人物だ。

明るく穏やかな性格を持っているが客観的な視点も持ち、柔軟な共感能力も持っている。

これまで、パク・ボゴムは『恋のスケッチ~応答せよ1988~』(2015)、『雲が描いた月明かり』(2016)など、作品ごとに自分だけの魅力を発揮して絶対的な愛を受けてきた。パク・ボゴムが2年ぶりに選択した作品であることからパク・ボゴムが生み出す新しいキャラクターに注目が集まっている。

『青春の記録』は7日午後9時に韓国で初放送される。
  • 毎日経済 スタートゥデイ シン・ヨンウン記者
  • 入力 2020-09-07 07:01:01