BTS、米ビルボード「ホット100」で2週連続1位 大記録


グループ防弾少年団(BTS)が米国ビルボードのメインシングルチャートである「ホット100」で2週連続の1位に輝いた。

ビルボードは8日(以下現地時間)、防弾少年団の「Dynamite」が先週に引き続き今週も「ホット100」で1位になったと発表した。

「ホット100」はストリーミングの実績と音源販売量、ラジオ放送回数などを総合して毎週、米国で最も人気のある曲のランキングを集計するチャートだ。防弾少年団は先月21日に発表したデジタルシングル「Dynamite」で発売初週となる先週のホット100チャートで韓国歌手史上初のトップに続き、2週連続1位という大記録を達成した。

ビルボードの歴史の中で「ホット100」1位に直行した曲、いわゆる「ホットショットデビュー曲」は「Dynamite」を含めて43曲だけだ。このうち2週連続でトップを維持した曲は20曲に過ぎず、今年はカーディ・Bが2週間トップだったが防弾少年団に1位を明け渡していた。

ビルボードによると防弾少年団の「Dynamite」は去る8月28日から今月3日まで、米国内でのストリーミングが1750万回、ダウンロードが18万2000件を記録した。ビルボードは「ダウンロードが18万件以上を記録したのは、2016年のザ・チェインスモーカーズの「Closer」以来4年ぶり」と防弾少年団の記録を高く評価した。

特に「Dynamite」はラジオ放送回数で算定する「ポップソングスラジオエアプレイチャート」で先週20位だったのに続き、今週歴代最高順位である18位になった。非英語圏の歌手たちの参入障壁が高いラジオチャートで発売以来、上昇を続けており、すでに3週連続1位への期待感が高まっている。

防弾少年団は公式のTwitterアカウントにメンバーが一緒に集まって歓呼する映像をアップロードし「信じられない、2週連続ビルボード「ホット100」1位、全世界で「Dynamite」を愛してくださったARMYの皆さんに心から感謝する」と伝えた。

防弾少年団は「Dynamite」で歴代級の記録を更新した。彼らは米国ビルボード最新チャート(9月5日文字)で「ホット100」チャート進入と同時に韓国歌手初の1位となった。メインアルバムチャートである「ビルボード200」と「ホット100」チャートの両方で1位になった韓国の歌手は防弾少年団が唯一だ。

「Dynamite」のミュージックビデオでも世界新記録を達成した。「Dynamite」のミュージックビデオYouTubeの再生回数は5日午後4時50分頃、3億回を超えた。先立って24時間で1億回、4日と12時間で2億回を記録したのに続き15日と4時間でのことだ。
  • 毎日経済 スタートゥデイ パク・セヨン記者
  • 入力 2020-09-09 06:10:47