チョ・インソン、モ・ワンイルの新作「ムービング」の出演を検討中


俳優のチョ・インソンが『夫婦の世界』モ・ワンイル監督の新作出演について検討中だ。

チョ・インソンの所属事務所側は9日、毎日経済スタートゥデイに「モ・ワンイル監督から『ムービング』出演のオファーを受けたのは事実だが、検討中だ。具体的に決定したことはない」と明らかにした。

チョ・インソンが『ムービング』出演が決定すればtvN『ディア・マイ・フレンズ 』以後5年ぶりのお茶の間劇場復帰となる。

カンプルの同名ウェブトゥーンを原作にした『ムービング』は、他人が知らない秘密を秘めている高校生、そして両親の話を扱う超能力を素材したドラマだ。

JTBCヒットドラマ『ミスティ~愛の真実~』や『夫婦の世界』などを演出したモ・ワンイル監督が演出を担当する。女優ハン・ヒョジュがヒロインの提案を受けた。

『ムービング』は来年の放送を目標に、現在キャスティング作業の真っ最中で、編成はまだ未定だ。
  • 毎日経済 スタートゥデイ チン・ヒャンヒ記者
  • 入力 2020-09-09 10:41:12