BLACKPINKのドキュメンタリー映画、Netflixで独占配信


BLACKPINKがNetflix初のK-POPドキュメンタリーの主人公になった。

YGエンターテインメントによると、ドキュメンタリー『BLACKPINK~ライトアップ・ザ・スカイ~』が10月14日にNetflixで単独公開されるという。

ドキュメンタリーには、BLACKPINKが2016年にデビューしてから、絶えず邁進してきた4年間が収録されている。練習生時代からグローバルスターに成長した今日に至るまで、これまで公開されなかった映像をはじめ、宿舎生活、舞台の裏話などが多様に照明された。

同時に多くのヒット曲で愛されてきたアルバムの録音過程とメンバー4人の率直なインタビューを通じて「アーティストBLACKPINK」がどのようにシナジーを発揮し、その中で一人一人の人生を溶け込ませているのかが垣間見られる見通しだ。

『BLACKPINK~ライトアップ・ザ・スカイ~』は『塩、山、脂肪、火』というタイトルでウェルメイドドキュメンタリーを発表したキャロライン・ス―監督が演出を担当した。キャロライン・ス―監督は、BLACKPINKのメンバーと良好な関係を基に、彼女たちの率直で自然な瞬間を捉えたという。

BLACKPINKは「Netflixのドキュメンタリーを通して私たちの話を全世界のBLINK(ファンダム)と分かち合うことが期待される」とし「今回の作品が視聴者の皆さんに喜びを与えてくれることを願っている」と感想を伝えた。

Netflixアダム・デル・デオ(Netflixオリジナルドキュメンタリー映画担当バイスプレジデント)は「現在、世界で最も人気のあるガールグループのBLACKPINKと一緒に仕事ができたのは本当に幸運だ」とし「BLACKPINKのファンとNetflixの視聴者に彼らの真正性を見せることができてとてもうれしい」と伝えた。

BLACKPINKは今年、相次ぐ新曲発表で世界的な影響力をさらに増大させた。今年5月、レディー・ガガとの協業曲「Sour Candy」でカムバックをスタートさせた後、初のフルアルバム先行公開タイトル「How You Like That」と「Ice Cream」を連続でヒットさせ存在感をアピールしている。

特に「Ice Cream」は米ビルボードが8日(現地時間)に予告した今週「ホット100」チャートに13位で初進出し、K-POPガールグループの歴代最高順位を自己更新した。また、Youtubeミュージックグローバルトップ100チャートでは、圧倒的な数値でトップを達成した。

BLACKPINKは10月2日、デビュー4年目にして1stアルバム『THE ALBUM』をリリースする。このアルバムは先月28日、予約販売が始まってから6日で、注文量80万枚を越える人気を集めている。
  • 毎経ドットコム MKスポーツ ソン・ジナ記者
  • 入力 2020-09-09 09:39:28