トップ > エンタメ > スターニュース > 防弾少年団ジン「ワールドスターになって鶏胸肉→ステーキに」

防弾少年団ジン「ワールドスターになって鶏胸肉→ステーキに」


  • 防弾少年団ジン「ワールドスターになって鶏胸肉→ステーキに」
ボーイグループ防弾少年団(BTS)がワールドスターになった感想を明らかにした。

新曲「Dynamite」でビルボードシングルチャート2週連続1位を達成した防弾少年団は10日、KBS1『ニュース9』に出演した。

この日、防弾少年団陣は「ワールドスターになったことを実感するのか」という質問に「コバエを掃除機で捕まえたりもして鶏の胸肉だけ食べて過ごしたこともあった」としながら、過去の大変だった時期を振り返った。

続いて「収益が出ないときは食費に限界があった。今は食べたいもの思い通りに食べる。ステーキを2切れ食べたかったら、2切れを食べる」とかわいい所感を明らかにして笑いを誘った。

ジョングクは「(人気を得た後)性格も柔軟になって大きく変わったが、ファンを思う気持ちと音楽に対する態度、本心は変わらなかった」と付け加えた。
  • 毎日経済 スタートゥデイ キム・ソヨン記者 / 写真=KBS1放送画面キャプチャ
  • 入力 2020-09-10 21:45:23