イ・ミンジョン、「一度行ってきました」放送終了の感想「6か月幸せだった」


女優イ・ミンジョンが、KBS2TVの週末ドラマ『一度行ってきました』放送終了の感想を伝えた。

イ・ミンジョンは14日、所属事務所のMSTEAMエンターテインメントを通じて「この6か月、ソン・ナヒとして生きた時間のすべてが幸せでした。本当に家族みたいだったスタッフ、俳優たちが懐かしくなると思います。何よりもナヒと共に泣き笑って喜んで応援してくれた視聴者の皆さん、ありがとうございます」と伝えた。

最後まで心温まる家族ドラマらしいメッセージで、余韻のあるエンディングだったという好評を受けた今回の作品で、イ・ミンジョンはギュジンと復縁した後も、依然としてソン・ナヒらしい堂々として凛々しい姿を失わず、相手に対する配慮と理解が深まった姿で見る人を幸せにした。

今回の作品を通してイ・ミンジョンは、遺産、嫁姑問題、離婚、復縁まで、30代の夫婦に起こりうる現実の問題を日常的でありながらも力を抜いたラフな演技で、高い没入感と深い共感を得た。さらにイ・サンヨプと完璧なコンビネーションはもちろん、絶妙の呼吸でセリフを交わす抜群の演技力で、熱血「ナギュカップル」ファンを量産し熱い支持を受けた。
  • 毎日経済 スタートゥデイ イ・ダギョム記者
  • 入力 2020-09-15 09:02:22