ソ・ジソブ、秋夕を控えて寂しい独居老人に1億ウォン寄付


俳優ののソ・ジソブが、秋夕(チュソク)を控え、一人暮らしの老人のために1億ウォンを寄付した。

国際救護開発NGOグッドネイバーズは「ソ・ジソブが秋夕を控えて恵まれない人々を助けるため1億ウォンを寄付した」と21日、明らかにした。

同日渡された寄付金は、福祉の死角地帯に置かれている一人暮らしの老人が温かい祝日を過ごせるように、食料品キットや新型コロナウイルスの予防衛生用品、防寒用品の支援に使われる予定だ。

ソ・ジソブは今年初め、新型コロナウイルスで苦しんでいる脆弱階層のため、計3億5000万ウォンをグッドネイバーズに寄付したことがある。

今年3月にはソ・ジソブの分かち合いで低所得家庭の児童2000人に生活必需品キットが贈られ、大邱(テグ)地域の医療スタッフにも医療防護服5820枚が贈られた。さらに4月には教育疎外階層の児童145人にスマート機器を支援した。

俳優のソ・ジソブが疎外された隣人に手を差し伸べた。

ソ・ジソプの寄付はこれまで続いてきた。06年、豪雨被害被災者への支援はもちろん、国内での虐待被害児童や低所得女児を支援するための「グッドネイバーズ」事業にも持続的に協力し、よい影響力を展開している。2017年には年間1000万ウォン以上の後援会員を対象とするグッドネイバーズ特別会員の集まりである「ザ・ネイバーズクラブ」にも登録された。

グッドネイバーズのファン・ソンジュナヌムマーケティング本部長は「特に今年は、さらに厳しい時期を送っている脆弱階層にソ・ジソブさんの善良な影響力が大きな慰めと希望として伝わるだろう」と明らかにした。
  • 毎日経済 スタートゥデイ チン・ヒャンヒ記者
  • 入力 2020-09-21 08:55:01