「BTSの写真集を制作」110億ウォンの投資詐欺で50代男を逮捕


グループ防弾少年団(BTS)の写真集を制作するという嘘で110億ウォンの投資金をだまし取った投資会社の代表が拘束された。

21日、済州東部警察署はBTSの写真集制作に投資すれば収益を確保するとして投資を集めて横領した疑い(詐欺と類似受信行為違反)で、ソウルのある投資会社の代表A(57)を19日に拘束して捜査中だと明らかにした。同じ容疑で中間募集を担当した4人も立件して調査している。

警察によるとAは2018年3月から最近までBTSの写真集制作を投資名目に1人当たり最大5億ウォンまで受け取った疑いを受けている。Aは写真集のサンプルを見せて投資家に元本保証とともに年間20%の支払いをすると偽って投資を誘致した。現在までに確認された被害者は70人で、被害額は110億ウォンに達する。

調査の結果、Aは実際にBTSの写真集を制作せずに投資名目でだまし取った金は10億ウォン相当の個人債務を返済したり遊興費、生活費、中間募集者の手数料支給目的などでほとんど使い果たしたことが分かった。中間募集者は家族、知人、会社の同僚などに投資を勧誘して投資資金を集めた。
  • 毎日経済 スタートゥデイ キム・ソヨン記者
  • 入力 2020-09-21 22:12:32