BTSを誹謗中傷したネットユーザー、侮辱罪で400万ウォンの罰金刑に


Big hitエンターテインメント(以下、Big hit)は、所属アーティストの権利侵害を食い止め権益を保護するため悪質なネットユーザーを相手に引き続き法的対応を取っている中、最近、ある悪質なネットユーザーが侮辱罪に対する法廷最高刑を含め、罰金計400万ウォンの判決を受けたと明らかにした。

Big hitは24日、ファンコミュニティプラットフォーム「BTS Weverse」に掲載した公式コメントを通じて悪質なネットユーザーを相手に告訴事件の進行状況を伝えた。

Big Hitは2019年12月と今年3月の3回にわたり、BTSに対する名誉毀損、侮辱、セクハラ、虚偽事実、悪意的な誹謗などを盛り込んだ書き込みを作成したAさんを告訴した。長い間、BTSに対する悪質な書き込みを作成してきたAさんは7月30日と9月1日、ソウル東部地裁で3件の刑事事件につき、罰金400万ウォンの宣告を受けた。

この中の1件は罰金200万ウォンで、侮辱罪に対する罰金では法廷最高刑に当たる。刑法第311条は「公然と人を侮辱した者は、最大1年以下の懲役か禁錮または200万ウォン以下の罰金に処する」と規定している。

Big Hitは18年から、BTSへの名誉毀損や侮辱、セクハラ、虚偽事実、悪意的な誹謗などを盛り込んだ悪質なネットユーザーに対し、引き続き法的対応を行っている。被告人が警察の取り調べを受けても継続的にアカウントを運営したり、新しいアカウントを作成して悪意のある書き込みを作成する場合、Big Hitは当事者を追加告訴中だ。

2018年11月と2019年6月、それぞれBTSに対する悪質なネットユーザーを相手取って法的対応に乗り出した事件のうち、Aさんの事件以外の4件に対しても名誉毀損および侮辱罪の容疑で罰金刑が言い渡された。

Big Hitは「確定判決以降も犯罪行為を続ける場合、民事上の損害賠償請求まで進める計画であり、この場合、合意や善処は決してないだろう。また警察の調査を軽く考えたり告訴内容について虚偽の情報を流布する書き込みもやはり、より厳しい処罰のた、裁判所に追加の証拠として提出している」と明らかにした。

Big Hitは今後も悪質な書き込みの収集や通報、法的対応も同様に定期的に進めるなど、より厳しく所属アーティストの権益を保護するため努力する方針だ。
  • 毎日経済 スタートゥデイ イ・ダギョム記者
  • 入力 2020-09-24 16:18:37