キム・ミンソク、ドラマ「都市男女の愛し方」の出演が決定


俳優のキム・ミンソクがカカオTVオリジナルドラマ『都市男女の愛し方』出演を確定した。

キム・ミンソクが今年下半期に放送予定のカカオTVオリジナルドラマ『都市男女の愛し方』(演出パク・シヌ、脚本チョン・ヒョンジョン、チョン・ダヨン、企画カカオM、制作STORY & PICTURES MEDIA)で建築家チェ・ギョンジュン役を演じた。

シーズン制で制作される『都市男女の愛し方』は複雑な都市の中、自分の中に別の自分を抱いて激しく生きている若者たちのリアルな恋愛物語を描く。素早いが決して軽くない愛し方が、様々な都市の風景と合わさり、新しい楽しみを与える予定だ。

キム・ミンソクは劇の中で極めて現実的で理性的な建築家のチェ・ギョンジュン役を演じた。

キム・ミンソクが演じるチェ・ギョンジュンは熱くもなく冷たくもない適正温度を維持してこそ楽だと感じる人物だ。なかなか怒らない性格だが、長い間付き合ったガールフレンドのサリンにむやみに接する人は許さない。

キム・ミンソクはドラマ『太陽の末裔』、『ドクターズ』、『被告人』、『青春時代2』、『この恋は初めてだから』、映画『ミオク』、『道化師たち:風聞操作団』などを通じて個性的な魅力的な演技で大衆の心をつかんだ。これに軍服務中にも陸軍創作ミュージカル『帰還』で舞台に上がり休む暇もなく一生懸命仕事を続けた。

除隊後、同名のウェブトゥーンを原作とする映画『シャーク』に出演するというニュースが流れる中、最近はtvNの『シックスセンス』に出演し、センスあふれるバラエティ感覚まで披露し、今後の歩みにさらに期待感を寄せている。これにキム・ミンソクが『都市男女の愛し方』で見せる演技にも関心が集まる。

『都市男女の愛し方』は『サイコだけど大丈夫』、『嫉妬の化身』のパク・シヌ監督と『ロマンスが必要』、『恋愛の発見』、『ロマンスは別冊付録』などを執筆したチョン・ヒョンジョン作家が意気投合した初のデジタルドラマだ。STORY & PICTURES MEDIA が制作を担当し今年下半期にカカオテレビを通じて公開される。
  • 毎日経済 スタートゥデイ ハン・ヒョンジョン記者
  • 入力 2020-09-25 10:43:30