「青春の記録」パク・ソダム、パク・ボゴムに「いつでも許す」キスで確認


▶ この記事にはドラマ本編のあらすじやネタバレの一部が含まれています。

『青春の記録』でパク・ボゴムとパク・ソダムがキスでお互いの気持ちを確認した。

28日に公開されたtvNドラマ『青春の記録』ではアン・ジョンハ(パク・ソダム)とサ・ヘジュン(パク・ボゴム)がキスでお互いの気持ちを確認する姿が描かれた。

この日、イ・ミンジェ(シン・ドンミ)はサ・ヘジュンのキャスティングが失敗に終わると、アン・ジョンハのショップを訪れた。その後、イ・ミンジェはヘアスタイルを変えながらアン・ジョンハにサ・ヘジュンを慰めてほしいと頼んだ。

イ・ミンジェは「事故は私が起こしたけど、後始末はあなたにしてほしい」と頼んだ。アン・ジョンハは「私の慰めに効果があるのか」と自信なさげにした。

しかし、サ・ヘジュンに電話したアン・ジョンハは泣いているサ・ヘジュンに胸を痛めた。アン・ジョンハは知らないふりをして「風邪を引いたような声だ」と話した。しかし、心の中では「ずっと泣いていたのかな」と心配した。アン・ジョンハはサ・ヘジュンを慰めるために「遊びたい。一緒に遊ぼう」とサ・ヘジュンを外に呼び出した。胸で泣く涙をアン・ジョンハも知っているからだった。

後に2人は楽しくデートを楽しみ、車に乗りながらサ・ヘジュンがアン・ジョンハに「許しが必要なことがある」と言うと、アン・ジョンハ「許す」と肯定的に回答した。特にアン・ジョンハは「考えてみたけど、いつでも許す」とサ・ヘジュンに伝えた。

続いてアン・ジョンハが「私もそうしていい?」と積極的な姿を見せると、サ・ヘジュンは「君は何でも許す!」と言ってときめいた姿を見せた。以後、2人はキスでお互いの気持ちを確認して、深い愛情を感じさせた。
  • 毎日経済 スタートゥデイ ホ・ウンギョン客員記者
  • 入力 2020-09-28 21:48:25