BTS、米ビルボード「ホット100」トップを奪還 3度目の1位


グループ防弾少年団(BTS)が再び米国ビルボードのシングルチャート「ホット100」で1位になった。

米国の音楽専門メディアのビルボードは28日(現地時間)、「防弾少年団の「Dynamite」、「ホット100」1位に復帰」というタイトルの記事でビルボード最新チャート(10日3日付)で「Dynamite」が「ホット100」のトップを奪還したというニュースを発表した。

ビルボードは「「Dynamite」がビルボード「ホット100」チャートで3度目の1位に輝いた」とし「「Dynamite」は9月5日付の「ホット100」チャートで1位に新規参入して9月12日付チャートでも1位を守った。その後2週間、2位に留まった」と伝えた。

それとともにニールセンミュージック/ MRCデータを引用して「「Dynamite」は9月24日までの週間集計基準で米国内のストリーミング回数1,400万回とダウンロード数15万3,000件で再び1位になった。15万3000件のダウンロード数は前週比96%も増加した数値だ。ラジオ放送ポイントも9月27日までの週間集計基準で2,080万件を記録した」と説明した。

ビルボードによると、デュエットやグループの曲が「ホット100」チャートで3回1位を記録したのは2018年9~11月に7回1位になったMaroon 5の「Girls Like You」以来、2年ぶりのことだ。

特に「Dynamite」は「デジタルソングセールス」チャートでは5週連続1位を守ったが、これは昨年9~10月にLizzoの「Truth Hurts」が5週連続でトップを守って以来のことだ。

それだけでなく「Dynamite」は全世界200以上の地域のストリーミングと販売量を集計してランキングする「ビルボードグローバル200」と「ビルボードグローバル(米国を除く)」でそれぞれ1位になった。防弾少年団は新型コロナウイルスで誰もが大変な時期にポジティブなエネルギーを伝えたいという願望を込めた軽快なディスコポップ(Disco Pop)ジャンルの「Dynamite」で、米国はもちろん全世界を強打した。

ビルボードのメインチャートであるシングルチャート「ホット100」1位を2週連続で守ったのに続き、今回の「チャート逆走行」で1位を奪還するなど防弾少年団が「Dynamite」で新しい歴史を創造する動きを続けている。

一方、防弾少年団は11月20日、新しいアルバム『BE1 (Deluxe Edition)』を発売する予定だ。世界中のファンと世界に向けた癒しのメッセージを込めたアルバムでさらに豊かになった防弾少年団の音楽のスペクトルを確認することができる。
  • 毎日経済 スタートゥデイ パク・セヨン記者
  • 入力 2020-09-29 09:16:43