SuperM、デビュー1周年の記念配信でファンに感謝


SuperMがデビュー1周年を祝った。

4日の正午からNAVER V LIVEを通じてライブ配信「One Year With SuperM」を行い、世界のファンとコミュニケーションを取り熱い反応を得た。

今年10月にミニアルバム『SuperM』でデビューしたSuperMは、デビュー1周年を迎えたことについて「ファンの方々と直接会って記念することができなくて残念だが、オンラインでも一緒に会いたくてこのようにライブ配信をした」とし「時間がとても早く過ぎたようだ。応援してくださったファンの皆さんに感謝している」と感想を伝えた。

また最近、1stフルアルバム『Super One』を公開し、wavve『Mトピア』、tvN特集ショー『望み通り』など多様なコンテンツを通じて一層熱くなった7人のメンバー同士のコンビネーションを披露して話題を集めたSuperMは、この日の放送でもお互いに絶えずいたずらし愛情を表現する姿で注目を集めた。

また、ファンが選んだSuperMの名曲「Top5」とメンバーが最も好きな曲を選ぶ時間を持ったが、SuperMは1stフルアルバムのタイトル曲「One(Monster & Infinity)」、「Wish You Were Here」、「Better Days」、「Together At Home」、「Big Chance」が一番好きな曲に選ばれた。

特に「Wish You Were Here」について「タイトル曲に選定しても良かった」と特別な愛情を表した。

さらにSuperMは今回のアルバム収録曲である「Better Days」と「Wish You Were Here」の舞台で甘美なボーカルを聞かせ視聴者を魅了した。
  • 毎日経済 スタートゥデイ チン・ヒャンヒ記者
  • 入力 2020-10-04 16:13:55