BTSジミン、オンラインコンサートのアンコールステージで感動の涙


グループBTSのジミンが新型コロナウイルスのため直接ファンに会えなかったことに対し悔し涙を流した。

BTSは10日午後、オンラインコンサート「BTS MAP OF THE SOUL ON:E」を開催し世界中のファンと顔を合わせた。

BTSの単独コンサートは今年6月14日に開かれた初のオンラインコンサート「BANG BANG CON The Live」以来4カ月ぶりに開かれた。同日、BTSのジミンは最後のアンコールステージを終えた後、オンラインでファンに会ったことに対する深い悲しみを伝え涙を流した。

ジミンは「アンコール公演の時から実はちょっと集中ができなかった」と涙声で話した。

ジミンは「今回の公演を準備するのに、公演を準備する前から悔しかった。新型コロナウイルスの影響で皆さんとこのように楽みたかったのに、 なぜこんなことができないのかと悔しかった。メンバーたちがアンコールの時、あまりにも楽しそうに遊んでいるのを見て、その時から集中できなかった」と伝えた。

彼は「それでも皆さんに会えて幸せだし正直あまり集中できなかった。皆さんに集中していただけに、すべてをお見せすることができず申し訳ない。皆さんは画面越しに僕たちに希望を送ってくださったようで、全て伝わった。本当にありがとうございます。僕たちがお見せするために準備したものが、皆さんに全て伝わったか分からないけど 伝わってほしい。こうしていつも応援してくださるARMYの皆さん、本当にありがとうございます」と涙を流した。

当初、今回の公演はオン・オフラインで行う予定だったが、コロナ渦が長期化したため予定していたオフライン公演をキャンセルし、ライブストリーミングの生配信方式で行われた。

「BTS MAP OF THE SOUL ON:E」には「BANG BANG CON The Live」より8倍も高い制作費を投入し次元の異なる舞台となった。計4つの大型舞台を通して様々な雰囲気のパフォーマンスが披露される中、公演はAR(拡張現実)、XR(拡張現実)など先端技術を活用した多彩なステージで構成されている。

BTSのコンサート「BTS MAP OF THE SOUL ON:E」は11日午後4時にもう一度行われる。
  • 毎日経済 スタートゥデイ パク・セヨン記者
  • 入力 2020-10-10 21:19:00