ヘンリー、韓米合同制作ドラマ「Dramaworld2」に出演


歌手ヘンリーが今度は演技で大衆に近づく。

ヘンリーが出演する韓米共同制作ドラマ『Dramaworld (ドラマワールド)』シーズン2は韓国ドラマを愛した米国の女子大生クレアが偶然韓国ドラマの世界に入り込んでから生まれるドタバタ冒険談を描いたロマンチックコメディードラマだ。

ヘンリーは劇中のヴァンパイアとトラ族の話を扱った韓国ドラマの主人公ウソンを演じる。ヴァンパイアと恋に落ちたトラ族という馴染みのない野性的な魅力を誇るキャラクターを演じるヘンリーは、鍛えられたボディーと特有のカリスマを誇りドラマの面白さを倍加する予定だ。恋に落ちた「直進トラ」ヘンリーの姿が楽しみだ。

「アクション王、興行クイーン」女優のハ・ジウォン、韓国系アメリカ人俳優ダニエル・デイ・キム (『ロスト』、『グッドドクター』)、シーズン1のリブ・ヒューソン、ショーン・リチャード、ジャスティン・チョンなど多様な国内外の俳優とのコンビネーションにも注目が集まっている。

ヘンリーは「トラ族という馴染みのない役割のため、多様なスタイルの変化があった。なので髪を伸ばしたことがあるんですけど、 ファンの方々が先に認知して気になっていたようだ。

皆と共有したい気持ちを我慢するのに苦労した」と出演のニュースをファンと共有したかった過去に対する感想を伝えた。

また「役割の特性上、運動も一生懸命やった。野性味あふれるヘンリーを期待してほしい」と付け加えた。

ヘンリーは韓国ドラマ『オー・マイ・ビーナス 』、ハリウッド映画『A Dog's Journey』、そして今年公開された映画『征途-英雄へのバトルロード-』などに出演し演技活動も広げている。
  • 毎日経済 スタートゥデイ ヤン・ソヨン記者
  • 入力 2020-10-12 13:21:01