パク・ソジュン、環境保護キャンペーンにナレーションで参加


俳優パク・ソジュンが地球環境を守るためのキャンペーンに声を寄付した。

世界最大の非営利国際自然保護機関WWF(World Wide Fund for Nature)は13日、持続可能なファッション拡大のための「リテキスタイル(Re:Textile)」キャンペーン映像を公開し、ナレーターとして俳優パク・ソジュンが参加したと明らかにした。

WWFの広報大使として活動しているパク・ソジュンは資源循環と価値の消費(Conscious consumption)を通じて繊維ファッション業界が環境に与える影響を減らそうというキャンペーンメッセージを真心のこもった声で伝達する。キャンペーン映像には捨てられる生地を主人公に繊維ファッション業界の自然毀損の現実と深刻性を知らせ、生地が新たに生まれる過程がおさめられている。

「リテキスタイル(Re:Textile、Project Repurposed Textile)」キャンペーンは環境に多大な影響を与える繊維ファッション産業界の市場変化を導びくために企画された。キャンペーン映像および製品の販売を通じて消費者には持続可能な消費の方法を知らせ、企業には輸出減少、シーズンの変化などの理由で廃棄予定の生地を活用して環境への影響を削減できる方法を提示する。

リテキスタイルキャンペーンは韓国のファッション業界から持続可能な変化を追求するファッションブランド10個を公募で募集・選定し、プロジェクトを通じて誕生した製品はクラウドファンディングプラットフォームで12日から販売されている。

俳優パク・ソジュンのほかペ・ドゥナ、オ・ジホが声の才能寄付に参加し、俳優キム・ソンホ、モデルのアン・スンジュン、ソン・ヘヨンなど多数の芸能人がキャンペーンの趣旨に共感して応援に参加し、より多くの大衆の参加を導くと期待される。キャンペーン映像はWWF-Koreaインスタグラム、YouTubeチャンネルで確認することができる。

パク・ソジュンは2017年、WWFの広報大使に委嘱されてアースアワーに参加、オーストラリア山火事救済などWWFと一緒に様々な自然保全活動を着実に続けている。
  • 毎日経済 スタートゥデイ イ・へジョン インターン記者
  • 入力 2020-10-13 10:38:39