韓国人気YouTuber、警察の捜査受ける 隔離期間中に誕生日パーティーで


新型コロナウイルス拡散防止のための隔離期間途中に誕生日パーティーをして物議をかもした人気YouTUberのクク・カビに対して、韓国の保健当局が捜査を依頼した。

12日、ソウル麻浦区(マポグ)の保健所はクク・カビの隔離違反に対して麻浦警察署に捜査を依頼したと明らかにした。

保健所の関係者は「クク・カビさんの映像を見ると自宅を離脱したわけではないので感染症予防法違反に当たるのか曖昧な部分があるが、警察に判断を求めることにした」と伝えた。

クク・カビは10日、自分のYouTubeチャンネルに誕生日パーティーの映像を公開した。最近、病気の治療のために英国から帰国したクク・カビは2週間、隔離をしなければならなかった。

しかし、クク・カビは自宅前の玄関に知人や家族を招いて誕生日パーティーを開いて、これを映像として撮ってYouTubeに公開した。映像でクク・ガビはマスクを外してケーキのロウソクの火を消したり、誕生日プレゼントとして受け取った口紅を塗る姿を披露して物議となった。

これについてクク・ガビは謝罪のコメントを公開したが非難の声はおさまっていない。
  • 毎経ドットコム MKスポーツ キム・ナヨン記者
  • 入力 2020-10-13 10:31:28