ク・ハラさんを暴行・脅迫の元恋人に実刑宣告 盗撮容疑は無罪


故ク・ハラさんに暴行、脅迫などを加えた容疑で裁判を受けていたチェ・ジョンボム(29)の上告が棄却されて懲役1年の実刑が確定した。

韓国の最高裁は15日午前、器物破損、傷害、脅迫、強要などの容疑で起訴されたチェ・ジョンボムの上告審宣告公判を開いて、このように宣告した。

チェ・ジョンボムは2018年9月、ソウル市江南区論峴洞のク・ハラさんの自宅でク・ハラさんと互いに暴行を加えた疑いで警察の調査を受けた。以後、ク・ハラさんはチェ・ジョンボムを「リベンジポルノを送信して脅迫した」として強制・脅迫・性犯罪処罰法違反などの疑いで追加告訴した。

ク・ハラさんは暴行罪について起訴猶予処分を受け、チェ・ジョンボムは脅迫、強要、傷害、器物破損、性暴行犯罪の処罰などに関する特例法違反(カメラ等利用撮影)などの疑いで在宅起訴された。

チェ・ジョンボムは昨年の8月、1審で懲役1年6カ月に執行猶予3年を言い渡された。脅迫、傷害、器物破損、強要などの容疑は有罪と認められたが、違法撮影に関する容疑は無罪判決となった。

去る7月、2審では懲役1年の実刑が宣告されてチェ・ジョンボムは法廷拘束された。違法撮影容疑については証拠不十分で1審と同様に無罪と判断された。双方は選考結果に不服として7月にこの事件を最高裁に上告していた。
  • 毎日経済 スタートゥデイ キム・ソヨン記者
  • 入力 2020-10-15 10:29:29