次期作はハリウッド映画のソン・イェジン、160億ウォンのビル購入


ソン・イェジンがソウル市新沙洞(シンサドン)にある160億ウォンのビルを購入した。

15日、韓国の不動産業界によるとソン・イェジンは7月28日、新沙洞にあるビルを160億ウォンで買収、9月末に残金をすべて支払った。

ソン・イェジンは40億ウォンの現金と120億ウォンの融資でビルを単独名義で購入したことが分かった。地下2階、地上6階で1998年に建築された老朽ビルだ。

周辺には整形外科が密集しており流動人口が多く、賃貸収益率が高いことが分かった。

ソン・イェジンはソウル市麻浦区西橋洞(ソギョドン)にある小さなビルに投資して40億ウォンの相場差益を得たことがある。

2015年に93億5000万ウォンで購入した小さなビルを3年後の2018年2月に135億ウォンで売却し、41億5000万ウォンの相場差益を得た。この建物は合井駅の出口から50メートルの距離にあり、三方が道路に面しており、開発価値が高い。

ソン・イェジンは今年2月に終了したドラマ『愛の不時着』で多くの愛を受けた。ハリウッド映画『クロス』を次期作として決め、具体的な日程を調整していることが分かった。
  • 毎日経済 スタートゥデイ チン・ヒャンヒ記者
  • 入力 2020-10-15 11:24:00