Big Hit株の公開で防弾少年団が「株式富者」隊列に

一人当たり推定176億 


Big Hit Entertainment(ビッグヒットエンターテインメント/以下、ビッグヒット)株は上場初日の初値は下がったが、大株主であるビッグヒットのパン・シヒョク議長と防弾少年団(BTS)のメンバーは「株式富者」の隊列に加わることになった。

15日、ビッグヒットエンターテインメント証券発行実績報告書によると、パン議長が持っているビッグヒットの株式は1237万7337株(持分34.7%)に達する。ビッグヒット株の15日の終値を代入すると、パン議長の株式評価額は3兆1933億ウォンに達する。

BTSのメンバーらも文字通り「トンバンソク(金の座布団)」に座ることになった。先だってパン議長は8月、BTSのメンバー7人に47万8695株を贈与している。この日の終値基準では、一人当たりの株の価値は176億ウォンに達する。

自社株の割り当てを受けるビッグヒットの従業員も、億台の利益を得ることができると思われる。去る7月末時点のビッグヒット全体の従業員は313人で、「ウリサジュ(自社株投資組合)」に配分された株式は142万1691株であり、単純計算上でも1人当たり平均4541株だ。この日の終値を基準に、従業員1人あたりの株式の価値は平均で約11億7000万ウォンに達する。

ビッグヒットのユン・ソクチュン最高経営責任者(CEO)は公募価格との比較で約127分の1である1063ウォンでビッグヒット株を買い付けできるストックオプションを12万株保有しており、この日における株式の価値は309億ウォンと推算された。

ビッグヒットの2大株主であるネットマーブルなどの株式価値も、兆単位に達するとみられる。ネットマーブルはビッグヒットの株式を708万7569株を持っている。公募価格を基準にして、ネットマーブルの持つ株式の価値は9568億ウォンに達する。
  • 毎日経済_キム・ジョンボム記者 | (C) mk.co.kr
  • 入力 2020-10-15 21:00:51