TWICE、デビュー5周年スペシャルライブが盛況裏に終了


グループTWICEがデビュー5周年記念スペシャルライブを盛況のうちに終えた。

TWICEはデビュー日である10月20日をファンと共に迎えるため、19日22時20分からNAVER V LIVEとYouTubeで「TWICE 5th Anniversary Special Live 'WITH'」をライブ配信した。

彼女たちはTWICEとして過ごした5年間の思い出はもちろん、一度も公開されたことのない些細な日常をONCE(ファンクラブ名)と分かち合った。

宿舎生活とアルバム活動中の「ささやかだけど大切な美談」、メンバー達がお互いに書いたローリングペーパーなど特別なコーナーを通じてファン達が知りたがっていた様々なエピソードを話しながら楽しい時間を過ごした。

またONCEが事前に準備した祝典映像を見ながら目頭を赤くしたTWICEはメンバー全員が作詞に参加した歌「21:29」とファンソング「ONE IN A MILLION」を歌い感謝の気持ちを伝えた。

後半には26日にリリースされるニューアルバム『Eyes wide open』の12番トラック「SAY SOMETHING」をサプライズ公開し熱い反応を集めた。

このように多彩な見どころで2時間を埋め尽くした今回のライブには、TWICEの切ないファンへの愛情がこもっていた。

「過去5年間を振り返ると忘れられない瞬間が多いが、コンサートの舞台を駆け回っていたTWICEが真っ先に思い浮かぶ。

皆さんの応援と歓声のおかげで、 本当にきれいな記憶として残っている。5年間ファンの皆さんがそばにいてくれてとても幸せだったし、これからも一緒にいよう」と言って感動を与えた。

TWICEは26日、2ndフルアルバム『Eyes wide open』とタイトル曲「ICAN'T STOP ME」を発表する。JYPエンターテインメントのパク・ジニョン、世界的なヒット曲メーカーのメラニー・フォンタナ(Melanie Joy Fontana)、有名プロデューサーのミシェル・リンド グレン・シュルツ(Michel 'Lindgren' Schulz)、スター作曲家のシム・ウンジ、デュア・リパ(Dua Lipa)、ケンジ、ヘイズなど華麗な作家陣が制作した。
  • 毎日経済 スタートゥデイ パク・セヨン記者
  • 入力 2020-10-20 08:11:18