ソ・ジソブ主演映画「自白」の制作発表会が突如中止に


俳優ソ・ジソブ主演の映画『告白』(監督ユン・ジョンソク)が突然、制作発表会を取り消した。

来る26日午前11時、ソウルロッテシネマ建大入口店で映画『告白』の制作報告会が行われる予定だったが、21日の夜に突然キャンセルされた。

『告白』側は報道資料を通じて「映画に関心を持ってくださったなかで、中止することになった」とし「ご不便をおかけして申し訳ない。今後、スケジュールを再び案内する」と発表した。

キャンセルの理由は明らかにしていない。

一方、この日の行事にはソ・ジソブをはじめキム・ユンジン、ナナ、ユン・ジョンソク監督が参加する予定だった。

映画は密室殺人事件の容疑者として指名されたビジネスマンのユ・ミンホと彼の無罪を証明しようとする勝率100%の弁護士ヤン・シネが隠された事件のパズルを合わせながら繰り広げられる話を描く。

ソ・ジソブは密室殺人事件の唯一の容疑者として指名され、一生に一度の危機に追い込まれたユ・ミンホ役を引き受けた。

先立ってソ・ジソブは去る4月、恋人チョ・ウンジョンと結婚の便りを知らせた。2人の結婚式は直系の家族だけを招いたスモールウェディングで挙げられた。
  • 毎日経済 スタートぅデイ ハン・ヒョンジョン記者
  • 入力 2020-10-22 09:02:07