カン・ハヌル&キム・ソヒョン&ジス、時代劇「月が浮かぶ川」出演


俳優カン・ハヌル、キム・ソヒョン、ジス、イ・ジフン、チェ・ユファが2021年の期待作『月が浮かぶ川』に出演する。

『月が浮かぶ川』(脚本ハン・ジフン、演出ユン・サンホ)は太王を夢見てオンダルの心を利用するピョンガンと、馬鹿みたいに犠牲にばかりなるオンダルの切ない愛の物語だ。『三国史記』に記録されている高句麗の説話をもとに韓国では誰もが知っているピョンガンとオンダルの物語を時代劇へと再誕生させる予定だ。

まず、カン・ハヌルはドラマ序盤の展開で決定的な鍵を握るオンダルの父オンヒョプとして出演する。キム・ソヒョンは高句麗の姫として生まれたが殺し屋として生きてきたピョンガン/ヨム・ガジン役を引き受けた。ジスは高句麗の純愛のアイコン、オンダルに扮する。イ・ジフンは高句麗最高のエリート将軍コゴンを演じる。最後にチェ・ユファは「高句麗を弄ぶ!」と心に決めた女性ヘモヨンに扮する。

これと関連し『月が浮かぶ川』側は「台本の中の人物が実際に現れたかのようなシンクロ率100%のラインナップが完成した。しっかりとした演技力と人物間のケミを中心にキャスティングに集中した。この俳優たちが高句麗の説話の中のピョンガンとオンダルの愛の物語をどのように描くのか、またこれにより現在の私たちの社会にどのようなメッセージと感動を投げかけるのか、楽しみにしてほしい」と明らかにした。

一方、『月が浮かぶ川』は来る2021年上半期に放送予定だ。
  • 毎日経済 スタートゥデイ イ・ダギョム記者
  • 入力 2020-10-22 15:38:57