秋山成勲の妻SHIHO、ハワイへ移住した理由を明かす


異種格闘技選手の秋山成勲(チュ・ソンフン)の妻でモデルのSHIHO(44)が、ハワイ移住の理由として流産について伝えた。

SHIHOは22日、日本のウェブマガジン『mi-mollet』とのインタビューで近況を公開した。

SHIHOの一家は2018年に東京からハワイに移住した。SHIHOは「新型コロナウイルスが拡散する前は毎月、仕事で日本に行っていたが、3月以降一度も帰国していない」と近況を公開した。

「「ハワイに行った理由は何か?」という質問が多かった。これについて申し上げたい」と切り出した。

SHIHOは「移住のきっかけは40歳で経験した流産」と打ち明けた。続いて「今後どうしたいのか、10年後の未来などを考えてみた。客観的に見れば多分10年後も今と変わらず仕事ができるだろうが「それが本当にいいのか?」という不安が芽生えた」とし「新しい環境で新しい経験をして成長したいと思った。素敵な50代を迎えるためにもう一度リセットし、生まれ変わる気持ちで挑戦したいと思いハワイに発った」と明かした。

またSHIHOは「サランちゃんの小学校入学などタイミングがよく合いスムーズに進めた。心配してくれる人もいたが、その時は「変わりたい」という気持ちが強かった」と付け加えた。

現在、ハワイの日常も公開した。「娘を学校に行かせ、犬を散歩させ、トレーニングをする。午後にはオンラインミーティング、業務をして学校から帰ってきた娘と子犬を散歩させ、夕食を準備する」とし「ここでは家族との時間、自分の時間、働く時間がバランスが取れている」と満足げだった。

SHIHOは秋山成勲と結婚し娘が一人いる。
  • 毎日経済 スタートゥデイ キム・ソヨン記者
  • 入力 2020-10-27 09:31:45