パク・ボゴム、軍人として公式行事に初参加「今日は『青春の記録』の最終回」


パク・ボゴムが軍入隊後、初の公式席上に出た。

パク・ボゴムは27日夜、済州道(チェジュド)西帰浦市(ソグィポシ)の芸術の殿堂で開かれた第19回海軍艦上討論会開催記念「2020大韓民国海軍護国音楽会」で司会を務めた。

この日パク・ボゴムは「海軍本部文化広報兵二等兵パク・ボゴム」と自己紹介し、「私は8月に海軍に入隊して6週間の訓練を無事終え、今ここ済州島で初めて公式行事を共にすることになった」と伝えた。

さらに「しかも今日は『青春の記録』の最終回が放送される日だ。

なので護国音楽会を楽しんだ後、続いて『青春の記録』まで覚えて一緒に過ごしていただきたい。また、来月公開される映画『ソボク』まで、たくさんの愛と関心をお願いしたい」と、出演作に対する愛情を語った。

パク・ボゴムが出演するtvN月火ドラマ『青春の記録』は今日(27日)の最終回が放送される。パク・ボゴムが出演する映画『ソボク』は来月公開を控えており、映画『ワンダーランド』も公開予定だ。
  • 毎日経済 スタートゥデイ シン・ヨンウン記者
  • 入力 2020-10-27 20:19:42