イ・スンギ、約5年ぶりに7thフルアルバムの発売が決定


歌手イ・スンギが歌手復帰を望むファンの熱い要望に応え12月に7thフルアルバムをリリースする。

イ・スンギは今年7月に放送されたバラエティ番組『チプサブイルチェ』で放送された「禁じられた愛」の映像がYoutubeで再生回数700万回を突破し話題を呼んだ。その後「イ・スンギの歌手復帰」を希望するファンの熱烈な念願があふれた。

これについてイ・スンギはファンの熱いカムバック要請について悩んだ末、2015年にリリースした6thフルアルバム「そして...」から5年ぶりとなる今年12月、7thフルアルバムで歌謡界への復帰を決めた。

何よりもイ・スンギがフルアルバムの発売に先立ち、15日の午後6時、7thフルアルバムの収録曲のうちの1曲である「ありきたりな男」を先行公開する予定であり関心を集めている。

「ありきたりな男」はイ・スンギがこの時代の吟遊詩人と呼ばれるヒット作メーカーであり歌手ユン・ジョンシンと初めて呼吸を合わせて披露するバラード曲だ。ソン・シギョンの「街で」「君は感動だった」などを作曲し、甘美な感性を発散したユン・ジョンシンと「バラード界の皇太子」のイ・スンギがハーモニーを完成させる見通しだ。

特に今回の作業では、ユン・ジョンシンが音楽のための「異邦人プロジェクト」などのスケジュールがあるにもかかわらず、イ・スンギの依頼に応えて作業に取り組み、その意味をより深めている。イ・スンギが伝える「ありきたりな男」はどんな感性とストーリーを伝えるのか、イ・スンギとユン・ジョンシンが生み出す「感性シナジー」に注目が集まっている。

また、今年12月にリリースされるイ・スンギの7thフルアルバムには、ユン・ジョンシン以外にも韓国を代表する有数のプロデューサーが参加し、これまで接してきたイ・スンギの雰囲気とは180度変わった新しい音楽を披露する。

所属事務所HOOKエンターテインメント側は「イ・スンギが「禁じられた愛」以降、熱烈な応援を送ってくださったファンの要請に応えようと悩みを重ね、歌手復帰を決心した」とし「イ・スンギがファンの願いに応えることができるよう、もう少し完成度の高い歌をお聞かせするために努力している。久しぶりの歌手復帰にときめきと緊張した気持ちを持っているイ・スンギの復帰を応援してほしい」と伝えた。

一方、イ・スンギの7thフルアルバムは今年12月に発売される予定だ。
  • 毎日経済スタートゥデイ イ・ダギョム記者
  • 入力 2020-11-06 08:55:47