Blackswanヘミ、SNSで知り合ったファンから5000万ウォン借りパク


ガールグループBlackswanのメンバー、ヘミ(24)が詐欺の疑いで訴えられた。

9日、DispatchによるとBlackswanのメンバーとして活動を再開したヘミ(元RANIA)の訴状が最近、水原地方検察庁に提出された。SNSを介して知り合った男性Aさんから約5000万ウォンの金銭を借りたが返済せず、一方的に連絡を絶った(詐欺)疑いだ。

このメディアによると告訴人Aさんは2018年12月頃、SNSを介してヘミと初めて知り合い、翌年4月から家庭の事情による必要なお金、家賃、生活費など約1年間にわたって生活費などの名目で4900万ウォンの金銭を貸してあげた。

ヘミはAさんに仕事がうまくいけば返すと約束したが、Aさんの要求にも「お金がない」としながら返済せずに連絡を絶った。

Aさんに対しては「潜伏」したヘミだったが、最近になってBlackswanの「Goodbye RANIA」で活動を開始した状態。所属事務所側は毎日経済スタートゥデイに「関連報道について確認している」とだけコメントした。
  • 毎日経済 スタートゥデイ パク・セヨン記者
  • 入力 2020-11-09 15:29:54