防弾少年団の事務所Big Hitエンタ、Block Bジコの事務所を買収


Big Hitエンターテインメントが韓国を代表するヒップホップ男性ソロアーティストでありトッププロデューサーであるジコ(ZICO)の所属事務所KOZエンターテイメント(代表ユ・スンヒョン)を買収すると発表した。

KOZエンターテイメントは2018年11月、プロデューサー兼アーティストであるジコ(ZICO)が設立したエンターテイメント会社で所属アーティストとしてはジコ(ZICO)と昨年11月に所属することになった新人ミュージシャンDvwnがいる。

昨年、CJ ENMとBELIFT LABを設立して、SOURCEミュージックを買収したBig Hitエンターテイメントは今年、Pledisエンターテイメントに続いてKOZエンターテイメントまで買収し、マルチレーベルシステムをさらに拡張することになった。

ジコ(ZICO)を筆頭とするKOZエンターテイメントのBig Hitエンターテイメントへの合流により、Big HitエンターテイメントはレーベルのアーティストIP拡張と同時に音楽プロデュース能力強化という「一石二鳥」の効果を得ることが期待される。

KOZエンターテイメントのユ・スンヒョン代表は「アーティストとコンテンツの価値を重要視し、音楽業界の技術革新を志向するKOZと音楽業界のビジネスモデルを革新しているBig Hitの哲学が似ている」とし「Big Hitとのコラボレーションのもと、実力のあるアーティストの発掘と本格的なグローバルビジネスの推進に努める」と明らかにした。

Big Hitエンターテイメントのパン・シヒョク議長は「国内最高のプロデューサー兼アーティストであるジコ(ZICO)と共にできて嬉しい。Big Hitのグローバルネットワークと体系的な音楽制作システムを介してKOZのアーティストがグローバル市場で活躍することを期待している」とし「Big HitとKOZが一緒に作っていくシナジーが楽しみだ」と伝えた。
  • 毎経ドットコム MKスポーツ ソン・ジナ記者 / 写真=Big Hitエンターテイメント、KOZエンターテイメント
  • 入力 2020-11-18 16:18:43