東方神起ユンホ「情熱マンキャラを通じて自ら知らなかった自分を知れた」


常に変わらないが、アイロニーなことに絶えず変化するアーティスト、ユンホが『1stLook』マガジンのカバーを飾った。

シルキーブルーのシャツとレザーパンツ姿でカメラを見つめ、しっとりとした男神美と圧倒的なオーラを漂わせた。今回の写真撮影は音楽とファンに対して本気な純情派ユンホのロマンが詰まったノワールコンセプトで行われた。夕日が沈むころから暗い夜になるまで、彼のロマンチスト的な面を確認することができる。

責任感のある「リーダー」、「ダンス神ダンス王」、「情熱マン」、「美談のアイコン」、そして今では「発明王」で大衆と疎通しているユンホ。これに関して彼は「情熱マンや発明王など、いろいろ「副キャラ」を通じて自ら知らなかった自分を知った。僕という存在はこのように見えて映し出されるんだなと、面白かった」とし、「今の姿は「17年以上の歳月の僕」を一緒に経験してくれた方が作ってくださったものだ。このようなニックネームは賞賛でありながら「後にもっと面白いことに挑戦してみよう」、「変化を恐れるのをやめよう」という勇気が生まれる言葉でもある」と伝えた。


続いて彼は「日常生活でも、みんな僕が「正しい生活を送る男」だと思っているが、良い時期に良い態度で上手く映し出されたからのようだ。自らは模範生より様々な挑戦を恐れない冒険生でありたい」と付け加えた。

どのような未来を描いているのかという質問に彼は「人間チョン・ユンホとして知り合い、すべての人と楽しく暮らしたい。ものすごいアーティストだとか、能力値に関する言葉より「ユンホは優しく暖かい人だ」「本当に良い人だった」という言葉を聞けるなら最も幸せそうだ」と答えた。

ユンホは次のソロアルバムについて「目と耳を同時に満足させられるアルバムを作ろうとしている。なかなか見ることができなかったコンセプトだ」と耳打ちした。

ユンホのさらに多くの写真とインタビューは11月19日発行のマガジン『1stLook』208号で確認できる。また、ユンホの魅力をおさめたインタビュー映像は『1stLook』のインスタグラムやYouTubeを通じて公開される予定だ。

  • 毎日経済 スタートゥデイ シン・ヨンウン記者 / 写真=1stLook
  • 入力 2020-11-19 09:06:47