パク・シネ、新型コロナ検査で陰性判定 『コール』のインタビューは予定通り


女優のパク・シネが新型コロナウイルスの検査で陰性判定を受けた。

23日、JTBCの新ドラマ『シーシュポス:the myth』の補助出演者が新型コロナウイルスの陽性判定を受け、撮影が全面中断した。主演俳優のチョ・スンウ、パク・シネを含む現場にいたスタッフたちが診断検査を受けた。

所属事務所の関係者は24日「パク・シネが新型コロナウイルスの検査結果、陰性判定を受けスケジュールを正常に進める計画」と明らかにした。

新型コロナウイルスの検査を受けて陰性判定を受けたパク・シネは、24日に予定された映画『コール』オンラインインタビューに出席した。

映画『コール』は電話一本で結ばれた異なる時間帯の2人の女性が互いの運命を変えていくことから始まる狂気じみた執着を描いたミステリースリラーだ。11月27日、Netflixを通じて公開される。

JTBCドラマ『シーシュポス:the myth』はSFミステリードラマで、チョ・スンウ、イ・ジェウォン、テ・インホなどが出演する。
  • 毎日経済 スタートゥデイ シン・ヨンウン記者
  • 入力 2020-11-24 14:58:27