防弾少年団「2021グラミー賞」ノミネート 新たな歴史作る


防弾少年団が米国最高権威の大衆音楽授賞式「グラミー賞」(GRAMMY AWARDS)の受賞候補にノミネートされ韓国の大衆音楽史に新たな歴史を作った。

「グラミー賞」は24日(以下現地時間)、公式ホームページを通じて第63回グラミー賞ノミネートを発表した。オンライン生中継に続きホームページに83個部門の候補リストが発表された。

ノミネートリストは2019年9月~2020年8月に発表された音楽を対象に、レコード産業従事者団体であるレコーディング・アカデミー(Recording Academy)のメンバーが選定した。

防弾少年団は去る8月21日に発売したデジタルシングル「Dynamite」で「ベストポップデュオ/グループ・パフォーマンス(BEST POP DUO / GROUP PERFORMANCE)」部門にノミネートされた。

これにより防弾少年団は大衆音楽史に新たな歴史を残した。K-POP歌手としては初めて「グラミー賞」の候補リストにノミネートされたもの。2019年第61回グラミー賞では授賞者として舞台に立ち、今年の初めに開かれた第62回授賞式ではラッパーのLil Nas Xと合同公演を披露したが受賞者候補となったのは今回が初めてだ。

防弾少年団は「2021グラミー賞」ノミネート発表直後、公式SNSに「大変な時期に私たちの音楽を聴いて共感してくださったすべての方に感謝する。何よりも「グラミーノミネートアーティスト」という奇跡を作ってくださったのはARMYの皆さんだ。いつも感謝し愛している」と感想を伝えた。

また、防弾少年団はBig Hitエンターテインメントを通じて「努力の結実を結んだようで言葉で表現できないほど嬉しい。不思議で感激している」と「ノミネートされる機会を与えてくれたARMYの皆さんに感謝します。ファンの方々が喜んでくださることを思うと、さらに嬉しい。ノミネートされて受賞への欲も生じた。楽しみだ」とノミネートを超えて受賞への意志を見せた。

防弾少年団はこれに先立ち「2020アメリカン・ミュージック・アワード(American Music Awards)」にて「ポップ/ロック(Pop / Rock)フェイバリットデュオ/グループ(Favorite Duo / Group)」と「フェイバリット・ソーシャル・アーティスト(Favorite Social Artist)」賞を受賞し、「2020ビルボード・ミュージック・アワード(2020 Billboard Music Awards)」では、4年連続で「トップ・ソーシャルアーティスト」受賞の栄光に輝いた。今回「2021グラミー賞」にノミネートされたことにより米国3大音楽賞席巻という大記録に近づいた。

防弾少年団がノミネートされた第63回グラミー賞は、来年1月31日に開催される。
  • 毎日経済 スタートゥデイ チン・ヒャンヒ記者
  • 入力 2020-11-25 07:30:46