寺本來可、韓国の事務所ESTIMATEと専属契約終了


寺本來可(YUKIKA)と所属事務所ESTIMATEの契約が終了した。

ESTIMATE側は11月30日、公式報道資料を通じて寺本來可の専属契約終了を発表した。

ESTIMATEは「2020年11月30日を最後に所属アーティスト寺本來可の専属契約が終了した」とし「多様な経験と挑戦に向かう寺本來可の意思を尊重して、長い議論の末に再契約を行わず、新しい出発と今後の活動を心から応援する」と明らかにした。

日本出身の寺本來可はESTIMATEのパク・ジンベ(ESTi)プロデューサーの総括プロデュースのもと、K-POP歌手として正式デビューした後、今年7月にフルアルバム「Soul Lady」を発表して米国と英国などを含む8カ国のiTunes K-POPアルバムチャートで1位になるなど、グローバルの反応を引き出した。
  • 毎日経済 スタートゥデイ イ・ダギョム記者
  • 入力 2020-11-30 10:39:22