UP10TIONビトの新型コロナ感染でBTOBやNCTなど検査 番組は放送休止


グループUP10TIONのビト(本名イ・チャンヒョン)が新型コロナウイルス感染の判定を受けた中で、同僚の歌手たちも新型コロナウイルスの検査を受けるなど先制的対応に乗り出した。

所属事務所T.O.Pメディアによるとビトは30日午前、新型コロナウイルス感染の判定を受けた。所属事務所は「ビトは去る29日のスケジュール終了後、感染者の濃密接触者であるという通知を受けて検査を受け、30日(日)午前に感染判定を受けた」と明らかにした。

ビトの感染によりUP10TIONはスケジュールを全面ストップしている。

所属事務所は「ビトと動線が重なったり接触があった所属アーティストとスタッフは新型コロナウイルスの検査を進めており、当社は保健当局の方針に基づいて防疫措置をとる予定だ」と説明した。

歌謡界にも影響が出ている。UP10TIONが現在、9thミニアルバム『Light UP』の後続曲で活動中であることから音楽番組にも出演してきたからだ。UP10TIONは28日のMBC『ショー!K-POPの中心』をはじめ、29日にSBS『人気歌謡』に出演し、番組には最近新曲を発表した多数の歌手が出演した。

多数の歌手の関係者たちはビト感染の知らせを受けて「動線を把握し、先制的検査を行う計画だ」と今後の対応について発表した。

SMエンターテイメント側は「先制的対応のためNCTとaespaのメンバーとスタッフが新型コロナウイルスの検査を受ける予定」と伝えた。CUBEエンターテイメントも「BTOB 4Uが新型コロナウイルスの検査を受ける予定」と先制的対応方針を伝えた。

『ショー!K-POPの中心』のMCとして活躍中のIZ*ONEキム・ミンジュをはじめナッティー、STAYC、WOODZ、NORAZOなど、多数のアーティストたちが新型コロナウイルスの検査を受ける予定だ。

放送関係者も素早い対応に乗り出した。MBC『ショー!音楽中心』側はビト感染を受けて即時に制作陣の対応と現場の状況把握に乗り出した状態だ。『ショー!K-POPの中心』の関係者は毎日経済スタートゥデイに「(ビトの)動線を把握した後、防疫を完了した。濃密接触者に対して選別検査を勧めて在宅勤務を行う予定」と明らかにした。次週の編成は未定だ。

SBS『人気歌謡』側はビト感染のニュースが知られた直後に監視カメラ映像を通じてUP10TIONの動線と濃密接触者の把握作業を行った。

特に『人気歌謡』側は当日、出演歌手のマネジャーたちに「事態の解決に役立たない不要な憶測は自制し、歌謡界を一緒に引っ張っていく共同経営者だという気持ちで必要な情報を先制的に把握し、必要に応じて私達とすぐに共有して下さるようお願い申し上げる」と呼びかけた。

またKBS2『ミュージックバンク』側は「先週、UP10TIONは番組に出演していない」とし「ただ他の音楽番組出演を通じて動線が重なった出演者を把握している。問題が生じた場合は別の方案を決定する」と明らかにした。

一方、ビトの感染の影響で多数の歌手が新型コロナウイルスの検査を受けて隔離をスタートさせることから12月1日に放送予定だったSBS MTV『THE SHOW』の生放送は休止となった。
  • 毎日経済 スタートゥデイ パク・セヨン記者
  • 入力 2020-11-30 13:29:37