ソン・シギョン「組織的にデマでっち上げ、外国の広告主から確認まで」


  • 写真:ソン・シギョン SNS キャプチャ

デビューから20年の歌手ソン・シギョンが事実ではないデマをでっちあげて攻撃する人物たちに対して法的対応をとることになった理由について説明した。

ソン・シギョンは去る6日、自身のSNSライブ放送を通じてファンたちと疎通しながら、さまざまなテーマで率直な対話を交わした。彼は「ありえないことに、組織的にデマを作り出​​す人々がいる」とし「深刻に考えていなかったが、最近その深刻性に気が付いた」と話し始めた。

ソン・シギョンは最近、ビールブランドとの広告契約を控えていたが、そのデマが広告主の耳に入って確認の連絡を受ける経験をしたことも率直に打ち明けた。

ソン・シギョンは「外国人の広告主が私についてのデマについて質問してきたという」と悔しさを吐露しながら、「私はメンタルが良い方なのに大変だった。私のファンたちはどれほど辛かっただろうかと思い、心が苦しかった。これまで私はあまりにも対応をしてこなかった。傷つかせた人に悟らせたい」と強調した。

ソン・シギョンは虚偽の事実を正すために法的対応を準備していることが分かった。

彼は「善処はない。和解金を受けとりたいからではない。弁護士にお金を渡して始めたもの」とし「私は告訴できないだろうと言っていた人たちにそうではないということを、傷つけた分だけ傷つくのだということを分からせたい」と付け加えた。
  • もっと!コリア コンテンツ部
  • 入力 2020-12-07 10:54:00