ファン・ジョンミン&少女時代ユナが伝える「ハッシュ」の観戦ポイントは?


『ハッシュ』のファン・ジョンミン、イム・ユナがドラマを宣伝する。

JTBC金土ドラマ『ハッシュ』(演出チェ・ギュシク、脚本キム・ジョンミン)側は初回放送を2日後に控えた9日、サラリーマン記者たちの涙あり笑いありのライフで共感を得るファン・ジョンミン、イム・ユナが直接明らかにし初回放送のポイントを公開した。

8年ぶりにドラマに復帰するファン・ジョンミンに注がれる期待と関心が熱い。変化に富んだ演技で変身と興行の歴史を刻んできたファン・ジョンミンは、その名前の3文字だけでも待つ理由は十分だ。

ファン・ジョンミンは「単純に記者の人生だけでなく、職場に通うすべての人々が感じる日常的なオフィスライフを扱う。多くの方々が共感してくださるだろう」とポイントを指摘した。

一層、広くなった演技スペクトルで青春の現実を代弁する「共感キャラ」で戻ってきたイム・ユナの変身も期待される。イム・ユナは「面接から始まり、毎日韓国に入社することになるジスのスタートを、関心を持って見守っていただければと思う」と伝えた。 また「ジュンヒョクとジスの間にはかなり深い事情があるが、彼らにまつわる話が何かも注目して視聴してほしい」と伝え期待感を高めた。面白いながらも真正性をもって解く「ジスの始まり」に帰趨が注目される。

『ハッシュ』はペンよりキューを握る日が多いベテラン記者ハン・ジュンヒョク(ファン・ジョンミン)と、ご飯はペンより強いという「生存型」インターンイ・ジス(イム・ユナ)の双方の成長期であり、サラリーマン記者たちの生活を支えるライフを描いている。

私たちと違わない平凡なサラリーマン記者たち、生存と良心そのジレンマの境界で絶えずぶつかり、揺れる彼らの話を愉快ながらもダイナミックに描いている。

ファン・ジョンミン、イム・ユナをはじめ、ソン・ビョンホ、キム・ウォネ、パク・ホサン、イ・スンジュン、ユソンに至るまで、現実をそのまま再現した毎日の韓国を背景に、どこにでもありそうなキャラクターをリアルに描き出すベテランたちの活躍も欠かせない。社会に第一歩を踏み出したインターンからベテランまで、戦場のような「生活の現場」で生き残るために孤軍奮闘するサラリーマン記者たちの姿が世代を越えた共感を与える。

一方、JTBCの金土ドラマ『ハッシュ』は11日(金)夜11時に初回が放送される。
  • 毎日経済 スタートゥデイ チン・ヒャンヒ記者
  • 入力 2020-12-09 15:30:32