トップ > エンタメ > 韓国ドラマ > ナム・ジヒョン、JTBCの短編ドラマに出演 来年上半期公開

ナム・ジヒョン、JTBCの短編ドラマに出演 来年上半期公開


  • ナム・ジヒョン、JTBCの短編ドラマに出演 来年上半期公開
JTBCが『ルートから外れました』と『子供を探しています』の二作品をJTBCの短編ドラマブランド「ドラマフェスタ」を通じて来年上半期に公開すると21日、明らかにした。

JTBCドラマフェスタの最初の走者である『ルートから外れました』は結婚式当時に裏切って逃げた新郎を母と娘が一緒に追いかけるコミカル追撃ロードドラマだ。意図せず生まれて初めて2人きりで旅行することになった母娘が、その道中で死ぬほどに喧嘩をして憎んだり、また果てしなくお互いを理解して感謝したりしてお互いの存在に少しずつ近づく過程を描く。

多数の作品を通じて信じて見る俳優となったナム・ジヒョンは挫折を繰り返す90年代生のカン・スジ役を演じてキャラクターに立体感を吹き込む予定だ。スジは母親が自分にこだわればこだわるほど、彼女とは正反対の人生を夢見るようになる人物だ。「子供に縛られ人生の抵当を取れた、あのかわいそうな女」ではない、自由な責任を負いない人生を生きることをしたもの。しかし30歳になっても母親からの経済的援助を絶つことができず、それがいつかブーメランのように戻ってくる本人の債務であることを負担に感じる。

スジの母であり何をしても成功していたX世代のカン・ギョンエはしっかりとした演技の実力でリアルな演技を披露するパク・ジヨンが引き受けた。ギョンエは職業が「スジのママ」であるほど娘を育てるためなら何でもしてきた。テレビに出てくる同名の芸能人のように娘には苦労させたくなかったからだ。最後まであきらめずに結婚までさせたことに満足していた瞬間、新郎が結婚式に現れずに、娘はそれを母親のせいにする。その逃げた新郎を追って始まった母娘の旅がどのような方向に進むのかが気になる。

『子供を探しています』は有名作家キム・ヨンハの同名小説を原作にしたドラマで、行方不明だった子供を11年ぶりに見つけた夫婦が苦しむ人生の皮肉を描く。パク・ヒョクグォン、チャン・ソヨン、子役俳優のオ・ジャフンが出演する。
  • もっと!コリア コンテンツ部
  • 入力 2020-12-21 10:52:00