ユン・サンヒョン、「スーパーマンが帰ってきた」に3人の子供と合流


俳優のユン・サンヒョンが『スーパーマンが帰ってきた』に出演する。

ユン・サンヒョンはMBC『内助の女王』、SBS『シークレット・ガーデン』など出演する作品ごとに演技力が認められたのはもちろん、花の中年シンドロームまで起こし大きな影響力を見せた。最近ではJTBCドラマ『18アゲイン』の中でパパの姿を見せ、多くの人々の共感を得ている。これはユン・サンヒョンが本当の父親だから、没入度を高めることができたのだ。そのため、ドラマではなく現実での「本物の父親」ユン・サンヒョンに対し注目が集まった。

こうした雰囲気の中、ユン・サンヒョンは『スーパーマンが帰ってきた』への合流を決めた。

2015年2月、作曲家兼歌手のMaybee(メイビー)と結婚し3年後には3人の子供を持つダドゥンイパパ(子沢山)となった。夫婦が共にする育児ではなく、一人で3人の子供の面倒を見るのは初めてだ。彼は「妻が仕事で空白が生じた場合に備え、僕一人で3人の子の育児をしてみたくて出演を決心した」と明らかにした。ユン・サンヒョンは「この機会に育児に対する不足点を補いたい」とし、スーパーマンとしての熱い情熱をほのめかした。

一方、母親のMaybeeは父親の単独育児が初めてなので心配を隠せなかったという。果たしてスーパーマンのユン・サンヒョンはどんな育児を見せてくれるのか、一人でで3人の子供をケアできるのか注目される。
  • 毎日経済 スタートゥデイ パク・セヨン記者
  • 入力 2020-12-30 13:16:48