イ・ボヨン&キム・ソヒョン、ドラマ「MINE」への出演決定


  • 写真=イ・ボヨン(J,WIDE- COMPANY)、キム・ソヒョン(KeyEast))

tvNの新ドラマ『MINE』がイ・ボヨンとキム・ソヒョンのキャスティングを確定した。

tvNの新ドラマ『MINE』(脚本ペク・ミギョン、演出イ・ナジョン)は世の中の偏見から脱して本当の私のものを探していく強い女性たちの話を描くドラマだ。

『上品な彼女』、『力の強い女 ト・ボンスン』など新鮮な素材と弾力のあるストーリーで視聴者たちを魅了するペク・ミギョン作家と『恋するアプリ Love Alarm』、『サム、マイウェイ~恋の一発逆転!~』などジャンル不問の感覚的な演出で好評を得ているイ・ナジョン監督が意気投合しただけに、どんな新しいストーリーが生まれるか熱い関心が集まっている。

何よりも言うまでもない存在感と信じて見る演技力を持った2人の女優イ・ボヨン(ソ・ヒス役)とキム・ソヒョン(チョン・ソヒョン役)が劇の中心軸になって爆発的なシナジーを予感させる。

劇中のイ・ボヨンが演じるソ・ヒス役は、最高の座についた元トップ女優であり、ヒョウォングループの次男の嫁だ。財閥家という新しくて隠密な世の中に足を踏み入れ、あらゆる努力を重ねながらも何事にも堂々とした行動で自分の存在を守る。このように堅固で明るい魂を持ったソ・ヒスの人間味あふれる魅力は、イ・ボヨンが持った圧倒的なオーラと完璧な演技が加わって視聴者を一気に魅了する予定だ。

また、キム・ソヒョンが演じるチョン・ソヒョン役はヒョウォングループの長男の嫁で骨の髄まで貴族である女性だ。伝統と強力な財力を持つ財閥出身で、生まれつきの気品、そして知性まで兼ね備えた。またどんな状況でも冷たい表情を維持するほど極度に発達した理性を持っている。

これにキム・ソヒョン特有のカリスマ性と目が離せない画面掌握力が加わる最強の没入感を期待させている。

『MINE』の制作陣は「『MINE』は魅惑的でありながら既存の枠を破る新鮮なドラマになるはず」とし「この新たな挑戦をイ・ボヨンとキム・ソヒョンの2人の女優と一緒にすることができて心強い。今後も多くの関心と愛情で見守ってほしい」と伝えた。

このように名を聞いただけでもそうそうたるスタッフと女優が揃ったtvNの新ドラマ『MINE』は2021年上半期に初放送される予定だ。
  • 毎日経済 スタートゥデイ シン・ヨンウン記者
  • 入力 2021-01-06 10:05:45