JYPと契約終了のGOT7、授賞式にスキップで登場 明るい姿にファンも応援


  • 写真:スタートゥデイDB

グループGOT7が「魔の7年」を超えることができず、最終的にそれぞれ別の事務所へと移籍することになった。

11日、所属事務所JYPエンターテイメントは「所属アーティストGOT7と来る1月19日の専属契約満了を控えてメンバーたちと深い議論を進めた。その結果、両者はより新しい未来を願って合意のもと再契約は進行しないことに決めた」と明らかにした。

続いて「K-POPとJYPの成長を共にしてくれたGOT7、デビューと同時に惜しみない声援でGOT7の活動の原動力になってくださった「I GOT7」をはじめとするすべてのファンの方々にも心から感謝を伝える。公式的な縁は終わるものの、JYPは今後GOT7のメンバーが進む新たな未来を心から応援する」と付け加えた。

2014年にデビューしたGOT7はJB、マーク、ジャクソン、ジニョン、ヨンジェ、ベンベン、ユギョムで構成された7人組の多国籍ボーイグループだ。GOT7はデビュー曲「Girls Girls Girls」をはじめとして「Just right」、「If You Do」、「Lullaby」、「Hard Carry」、「NOT BY THE MOON」など多数のヒット曲で愛された。

しかし、標準契約書上の専属契約期間の終了時点である「魔の7年」を超えることはできなかった。2009年、公正取引委員会が芸能人の専属契約期間を7年と推奨する標準契約書を公表しながら専属契約期間がほとんど7年と決定され、アイドルグループの場合は7年の契約終了ともに解散するケースが相次いでいる。

GOT7もやはり来る1月19日、7年の契約満了を控えてメンバーのジニョン、ユギョムの移籍説が相次いで報道された中で、JYPエンターテインメントが11日、正式に契約終了を発表した。

GOT7のメンバーはそれぞれ今後の活動について苦心していると伝えられた。メンバージニョンは俳優イ・ビョンホンが属するBHエンターテイメントと専属契約を議論しており、ユギョムはパク・ジェボムがリーダーのAOMGへの合流を議論している。他のメンバーたちもそれぞれの目標に合った所属事務所を探して出るものと思われる。

JYPエンターテイメントとの契約は終了するものの、GOT7のメンバーは移籍報道の直後、それぞれのSNSに「#GOT7FOREVER」というハッシュタグと共に集合写真を一斉に公開し、マークは自身のツイッターを通じて「終わったものは何もなく、始まりにすぎない。僕たち7人は最後まで最高のバージョンを皆さんに伝える」と心境を伝えていた。

  • 写真:スタートゥデイDB


  • 写真:スタートゥデイDB

GOT7はまた、最後のグループとしてのスケジュールと知られた「第35回GOLDEN DISC AWARDS」に出席し「2021年にも多様な姿をお見せする」という受賞の感想を伝えるなど、完全体での活動を期待させるようなコメントを伝えた。特にアルバム部門で本賞を受賞したGOT7は最後を惜しむような悲しい姿ではなく、7人のメンバーがお互いに腕組みをしてスキップをしながら登場し、受賞の喜びを思う存分表現して注目を集めた。

7人のメンバーがすべて別の芸能事務所に所属するとなると現実的にグループ活動は難しくなる可能性が大きいが、メンバー全員が「#GOT7FOREVER」と伝えただけに、ファンたちは彼らの今後を応援している様子だ。

  • 写真:「第35回GOLDEN DISC AWARDS」画面キャプチャ

  • もっと!コリア コンテンツ部
  • 入力 2021-01-11 14:17:33