イ・スンギ、「シングアゲイン」MCとして臨む姿勢「台本に頼らず進行」


イ・スンギが『シングアゲイン』でセンスとコントロールを兼ね備えた「共感MC」の姿を披露し好評を得ている。

イ・スンギは今まで知られていなかった在野の実力者と一時はうまくいったが今は忘れ去られた悲運の歌手など「もう一度」チャンスが必要な歌手が大衆の前に立つことができるようサポートする「新概念のリブートオーディション」JTBC『シングアゲイン』のMCを務めている。

何より『シングアゲイン』を通じて毎回卓越した進行力を繰り広げ、お茶の間劇場を一気に魅了する「共感の真正性」を醸し出している。オーディション番組が持っている特有の弾力と感情の流れを完璧に読み取ることはもちろん参加者と審査委員間の中心に立って適切な妥協点を把握するコメントを投げかけ視聴者の共感を極大化させている。

特にイ・スンギはグループダンス曲を1人で歌う参加者の切迫した舞台に一緒に呼応して楽しみながら参加者と絶えず疎通し勇気を高めた。

またアイドルグループ内ではあまり注目されなかった参加者には自分が芸能界で17年間活動してきて「誠実さも才能になるということを証明したい」という言葉でエールを送り参加者と審査委員の目頭を熱くさせた。

「TOP10決定戦」を控えイ・スンギが選んだ順番で参加者の対決順が決まったと時、イ・スンギは舞台裏を訪ね対決を控えて待機している1組の参加者たちに最初に選んですまない気持ちを込めたファイトを言いながら参加者たちの緊張をほぐした。

さらに長時間バラエティ番組で猛活躍した経歴者らしく審査タイムでセンスあふれるコメントをし緊張した雰囲気を笑いで和ませてくれている。

参加者が舞台でマイクを渡す突発状況にもためらわずに爆発的なリアクションを見せたイ・スンギは舞台が終わった後「参加者がマイクを誠意がないように投げたのに反応した」と冗談を言ってスタジオを騒がせた。このようにイ・スンギは8人の審査委員に似合うオーダーメード型の「8人8色コンビネーション」を披露し『シングアゲイン』を視聴しなければならない観戦ポイントを完成させた。

イ・スンギは『シングアゲイン』のMCに臨む姿勢について「現場の雰囲気を正確に読み取り審査委員や参加者を注意深く観察しながら適切なコメントで公正さを損なわないよう努力している」と伝えた。

続いて「参加者の性格などをあらかじめ把握しておき収録前にリーディングを通して制作陣と十分に話し合いを経た後、舞台前·後の中でいつインタビューが楽になるかを考えて進めている」と明らかにした。

参加者たちが最高のコンディションで最上の舞台を披露できるようMCとして繊細な部分まで考慮しているわけだ。

また「台本を持っていると何度も頼り間違えないようにするため現場の雰囲気を失って共感を得にくいと思い今回だけは台本を遠ざける」とし「出演者と審査委員の行動を逃さないためにプロンプターだけを見ていつも視線を舞台と審査委員席に集中しようと思う」とMCイ・スンギならではの特別な努力について説明した。

最後にイ・スンギは「私も歌手なので出演者の方々が自分の魅力を発揮できる選曲で完璧な舞台を披露できれば嬉しい」と『シングアゲイン』への格別な愛情を発散した。
  • 毎日経済 スタートゥデイ チン・ヒャンヒ記者 / 写真=JTBC
  • 入力 2021-01-13 15:01:59