元BIGBNAGのV.I、特殊暴行教唆で追加起訴 容疑が9つに


  • 写真:スタートゥデイDB

売買春斡旋、賭博、横領など8つの容疑で裁判を受けている元BIGBNAGのメンバーV.I(本名イ・スンヒョン、31)の罪がもう一つ追加された。今回は特殊暴行教唆の容疑だ。

14日午前、韓国京畿道龍仁市にある地上作戦司令部では普通軍事裁判所でV.Iの軍事裁判7次公判が開かれた。公判開始とともに裁判所はユ・インソクなどV.Iと共犯と指名された人物たちの判決文を証拠として採用したことを発表した。

当初、この日の公判では売買春斡旋容疑と関連して証人尋問の進行が予告されていたが、本格的な裁判の開始に先立ちV.Iの特殊暴行教唆の疑いが追加で起訴された事実が公開された。

軍検察によるとV.Iは2015年12月30日、ソウル市江南(カンナム)にある居酒屋で知人とお酒を飲んでいた際に自分がいた部屋のドアを開けた客といざこざになり、これに抗議していた過程でまた他の客と言い争いになると激怒、ユ・インソクなどが参加している団体チャットルームにこの事実を知らせた。以後、ユ・インソクは知り合いの某暴力組織の組織員を呼んで被害者を居酒屋の裏通りに呼び出して暴言を浴びせ、携帯電話を奪おうと腕を引っ張ったり脅かすなどの行為を行った。

軍検査は「被告人イ・スンヒョンはユ・インソクと共謀して自分の威力を誇示して被害者を威嚇した」とし「これにより、教唆の共同正犯で起訴した」と明らかにした。

これに対してV.Iの弁護人側は「控訴事実を否認する」とし「詳細については意見書を提出する」と短く答えた。

この日、V.Iはやや暗い表情で公判に臨んだ。公判開始に先立って取材陣の前で短いため息を吐いたりもした彼は「(追加起訴件)公訴状を受けとったのか」という裁判官の質問に「はい」と短く答えた。

V.Iは2019年2月に明るみになった江南のクラブ「バーニングサン」事件の核心人物とされ、17回にわたる警察の調査を終えて昨年初めに在宅起訴された。

V.Iが受けている疑いは売買春斡旋、売買春、性暴行犯罪の処罰などに関する特例法違反、常習賭博、外国為替取引法違反、食品衛生法違反、業務上横領、特定経済犯罪加重処罰などに関する法律違反横領など、計8つだったが、この日に特殊暴行教唆の容疑が追加されて容疑が9つへと増えた。

V.Iは本格的な裁判を控えた昨年3月9日に軍入隊し、軍事裁判所で裁判を受けている。V.Iは多数の疑いのうち外国為替取引法違反の疑いのみを認めただけで、残りの容疑については否定を続けている。

一方、V.Iと一緒に「バーニングサン」関連の罪で裁判を受けたユ・ヨンソク(前)ユリホールディングス代表は先月行われた1審宣告公判で懲役1年8カ月に執行猶予3年を宣告されたが控訴状を提出して現在、2審の裁判を待っている。
  • 毎日経済 スタートゥデイ パク・セヨン記者
  • 入力 2021-01-14 10:32:03