SEVENTEEN、米国番組「The Kelly Clarkson Show」でヒット曲披露


グループSEVENTEENが米国の看板テレビショー『The Kelly Clarkson Show』を熱狂させた。

SEVENTEENは13日(現地時間)に放送された米NBCの人気テレビショー『The Kelly Clarkson Show』に出演、昨年初週ミリオンセラーの神話を成し遂げた7thミニアルバムのタイトル曲「Left & Right」のステージで世界のファンを魅了した。

米国最高のテレビ賞であるエミー賞(Emmy Awards)を3回受賞、米国のトップ3デイタイムトークショーに挙げられる『The Kelly Clarkson Show』はニック・ジョナス、ジョン・レジェンド、デュア・リパなど世界的な影響力を持つ人物がゲスト出演したことがあり、SEVENTEENの出演ニュースだけでも世界の高い関心を集めた。

本格的なステージに先立ち、ケリー・クラークソンはSEVENTEENの爆発的なグローバル人気を立証するかのように「今回のゲストは全世界で計600万枚以上のアルバム販売量と20億回以上のストリーミングを記録した」と並々ならぬ記録を集中的に紹介し「SEVENTEENはK-POPパフォーマンスの強者」という称賛を加え雰囲気を一層盛り上げた。

続いて会社員に変身して会社内で一生懸命仕事をしているSEVENTEENが登場、彼らが披露するユニークなパフォーマンスを期待させたのはもちろん、退勤時間を知らせる時計の音に合わせて流れる7thミニアルバムのタイトル曲「Left&Right」の前奏は180度違う雰囲気を作って多くの人々の注目を集めた。

また、SEVENTEENは小道具と空間を適切に活用し一時も目が離せない演出と構成でやはり信頼できるパフォーマンスを完成させ没頭度を高めただけでなく仕事場を離れて地下鉄に向かう姿は見る人の肩を躍らせる楽しいエネルギーを伝えた。

特に華やかなグラフィティとポスターでニューヨークを連想させる地下鉄空間での団体パフォーマンスはステージの最後を飾った。タイトル曲「Left&Right」で感じられるように誰もが共感できる姿をSEVENTEENならではの方式で表現した今回の舞台は、まるで愉快さあふれる一本の映画を鑑賞するような感動を与えた。

先立って6日(現地時間)に放送された米CBSトークショー『The Late Late Show with James Corden(レイト×2ショー with ジェームズ・コーデン)』に初出演し公式YouTubeチャンネルに公開された「HOME:RUN」パフォーマンス映像が1日で100万回を快速突破、外信メディアの好評が続くなど熱い人気を誇示したSEVENTEENは今回のNBC『The Kelly Clarkson Show』でももう一度SEVENTEENだけの唯一無二の歴代級舞台で華麗なパフォーマンスとエネルギーを伝えるグローバルな歩みを見せた。

昨年のダブルミリオンセラー達成と共に海外メディアの高い関心の中で名実共に「グローバルK-POP代表走者」としての地位を固めたSEVENTEENは2021年の始まりをグローバルに知らせるなど連日話題を呼び続け今年も「SEVENTEENの年」を築くことを予告し今後の行方に注目が集まっている。
  • 毎日経済 スタートゥデイ イ・ダギョム記者
  • 入力 2021-01-14 08:38:09