イ・ビョンホンのファンクラブが低所得層の児童のため2千万ウォンを寄付


俳優イ・ビョンホンのファンクラブRubeurs(ルバース)がイ・ビョンホンと共に寄付した。

今月14日、イ・ビョンホンのファンクラブRubeursが新型コロナウイルスで苦しんでいる低所得層の児童のため緑の傘子ども財団に2千万ウォンを寄付したというニュースが流れた。昨年末、イ・ビョンホンが新型コロナウイルスの状況が深刻になったことで学習格差と教育不平等に苦しんでいる低所得層の児童のために緑の傘子ども財団に1億ウォンの寄付をしたという話を聞いて、このような寄付することを決めたのだ。

これに対しイ・ビョンホンのファンクラブRubeurs側は「イ・ビョンホンさんの善良な影響力にいつも一緒に参加したいというファンの願いがあった。特に2020年はイ・ビョンホンさんのデビュー30周年を迎えた年で今回の寄付がファンにとってはさらに意味がある。機会があればイ・ビョンホンさんの意向に引き続き参加したい。イ・ビョンホンさんとファンの温かい心が新型コロナウイルスで苦しんでいる低所得層の子供たちに少しでも慰めになれば幸いだ」と感想を伝えた。

このように社会的弱者の子どもたちに関心を寄せているイ・ビョンホンの寄付ニュースは社会のあちこちで温情を増している中、現在イ・ビョンホンは映画『勝負(仮題)』の撮影に臨んでおり映画『非常宣言』の封切りを控えている。
  • 毎日経済 スタートゥデイ シン・ヨンウン記者 / 写真=緑の傘子ども財団
  • 入力 2021-01-15 11:11:08