トップ > エンタメ > スターフォーカス > 30年間トップスターを生み続けた「KBSドラマスペシャル」放送

30年間トップスターを生み続けた「KBSドラマスペシャル」放送


  • 30年間トップスターを生み続けた「KBSドラマスペシャル」放送
KBSドラマスペシャルが帰ってくる。

「KBS 2TV ドラマスペシャル単幕 2014」が惜しかった休止期を終え、来る14日の夜12時に「その夏の終わり」(脚本チョン・スヨン、演出キム・ヨンジン)を皮切りに、長い長い道のりに入る。 KBSドラマスペシャルに深い関心を持ってきた単幕(単発のドラマ)マニアにとっては朗報だ。

KBSドラマスペシャルは、1984年に単幕ドラマの始まりになった「ドラマゲーム」から今年までの30年間、脈を受け継いできた歴史の深い番組だ。「KBSドラマスペシャル単幕2014」で、日曜日の夜、視聴者のお茶の間に感動と楽しさを届ける。

俳優ペ・ヨンジュン、チョン・ドヨン、イ・ヨンエ、ウォンビン、チョ・インソン、キム・ユンソク、ソン・ヒョンジュ、イ・ソンギュンなど大韓民国を代表する最高の俳優たち、2014年を最も熱くしているキム・ウビン、チョン・ウもすべてKBSの単幕を経て行った俳優たちだ。 KBSドラマスペシャルが9月14日に放送再開を知らせて公開したティーザー映像には、過去のこの俳優たちの若々しい姿の貴重な資料が一緒に収められており、注目を集めている。今回はどのようなスターと名作たちを排出することになるのか、期待が集まる。

放送再開のカムバックスタートを切る最初の作品は、俳優チョ・ウンスク、イ・クァンギが出演する「その夏の終わり」、その後、ソ・イェジ、チャン・ヒジン、パク・ヘミが主演する「三人の女性家出騒動」、「2013年KBS脚本公募」で最優秀作を受賞したキム・ソヒョン主演の「別の方法で泣く」が順次放送される予定だ。

これまで、ジャンルの領域を広げた実験的で創造的な作品で視聴者たちの注目を集めてきた「KBSドラマスペシャル単幕2014」であるだけに、作品に対する視聴者たちが関心が続いている。
  • MKスポーツ_キム・ドンギュインターン記者/写真提供=KBS | (C) mk.co.kr
  • 入力 2014-09-05 14:14:09