キム・ソンホ、初のオンラインファンミーティングを開催 視聴者数101万人を記録


俳優のキム・ソンホが初のグローバルオンラインファンミーティングを成功裏に終えた。

キム・ソンホは17日の午後8時に開催された世界初のショートビデオアプリケーション「TikTok」でファンと特別な時間を過ごした。

この日、開催されたオンラインファンミーティングは累計視聴者数101万人を記録したのはもちろん、事前イベントで行われた「ソンホの好み」投票では累積投票数7万3千件という高い参加率を見せた。それだけでなく韓国をはじめインドネシア、タイ、フィリピン、マレーシアなどでも高い参加率と視聴率を見せキム・ソンホのグローバルな人気を実感させた。

キム・ソンホは近況トークでファンミーティング1部の口火を切った。続いて彼は自分で選んだ『スタートアップ』の名場面に関するビハインドストーリーを紹介しTikTokのページで事前に行った「ソンホの好み」投票をもとにファンとのテレパシーゲームを行いファンが望む広告製品のワンシーンを直接演じながら双方向のライブコミュニケーションを行った。

2部では10秒以内にペンで自画像を描く「ソンホの作業室」、好きな食べ物のトッポッキを作る時間「ソンホのキッチン」、ため口モードでウィッシュリストを聞く「ウィッシュボックス」など多彩なコーナーで愉快な雰囲気を演出した。このように120分を埋め尽くしたキム・ソンホのセンスあふれる話術は瞬間瞬間を楽しませただけでなくファンと現場にいたスタッフまで笑わせたという。

その一方でキム・ソンホはファンミーティングクロージングで秘密裏にファンたちの参加によるドッキリに感動し目頭を赤くした。彼を応援するメッセージがいっぱいになった部屋の中でキム・ソンホは「僕にこんなに関心と愛、応援メッセージを送ってくれて本当にありがとうございます」とし「中途半端で不十分な人なのに俳優としてもっと良い姿で近づけるようにします。この応援に応えられるよう頑張ります」とファンに感謝の気持ちを伝えた。

最後にキム・ソンホは「初のオンラインファンミーティングは皆さんのおかげで幸せで楽しかったです。僕も皆さんを知っていく時間だったので、とても嬉しくて幸せでした。

皆さんがいるからこの場にいられるのです。この場を設けてくださってありがとうございます。次は直接会える日が来るといいですね、心から。新年、明けましておめでとうございます。 ありがとうございます」と心のこもった感想を伝えた。

一方、キム・ソンホは2021年1月8日から世宗(セジョン)文化会館のSシアターに立った演劇『氷』で観客に会っている。
  • 毎日経済 スタートゥデイ シン・ヨンウン記者 / 写真=TikTok Stage Connect
  • 入力 2021-01-19 10:02:18